プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

清盛どぅよ?!第24話「清盛の大一番」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)





清盛のかわいさ炸裂、見所満載でしたぁ(^o^)←※当社比。
大宰府でのやりとり「いろいろとうるさいヤツじゃ!だまってオレに従え!」って、カッコイー(^o^)/♪


信西の懐刀として西に東に飛び回る清盛に、ものすごい勢いで差をつけられとる義朝(ToT)
ちぃとあわれすぎやしないか・・・・・?
過労で嫁が倒れ更にそこを上司につっこまれたっていうのに、愛人の家の縁側でたそがれてる心の余裕はありなんだ…
まったく、こんな男に惚れちまった由良殿がワタシも不憫でなりませんよ!

前回までなんだかうさん臭かった家成サマのご子息も、清盛出世とともになんとなく平家寄りに。
そう、いかにも「父の遺言だから仕方なくつきあってます」っていう顔をしていたんだよ!!ワタシはみのがしてないよ!
まあ、それでこそおじゃるの鏡とでも申しておきましょうか。
でもこの男にはまだ心を許してないよワタシはね。(ぶつぶつぶつ……)←※独り言。
兄に引き換え、妹の経子サマのかわいらしいこと♪
ここで重盛、まさかのマリッジブルーか!
それ、ふつつかすぎるだろう!(笑)
で、かわりにあやまってる清盛がまたかわいすぎる(^o^)
ホント、今回は清盛のかわいらしさに尽きる!
太宰の大弐に昇進させた瞬間の信西の表情もものすごくよかった。

さて。ゴッシー帝、いよいよ玉座を降りて清盛とガチ勝負だ!!
待て次号!!(^O^)
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

清盛どぅよ?!第23話「叔父を斬る」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)




叔父上との別れが壮絶すぎまして……
立ち直るのに1週間かかってしまいました(ToT)
おじうえ~~~~~!!(ToT)

清盛の表情が、いちいちよかったです。
こういう回は画面が「頭漫画」的になりがち……しかし、そこは敢えて突っ込むまい!
こんな立派な叔父を斬らねばならんとは……しかも、この父にしてこの息子あり。どの子も立派すぎました。
恨みごとなど一切なく、むしろ笑顔で「清盛さま、斬ってくださいませ!」と(涙)
清盛、ほんとによくがんばったね……
切なく苦しくも、自らの手で美しく最後の別れを乗り越えた清盛に対して、また義朝は~~~~!!
のたうちまわって泣きじゃくるとは!兄弟たちにも口ぎたなくののしられ、うらまれまくった挙句一人も斬れず!
息子の前でなんたる失態!(ToT)
多少のわざとらしさは感じられたものの、「これでもか」ってくらいの平氏と源氏の対比は今後の展開を暗示させられてせつなかったです。
信西の涙もね……先週の日記みつけた♪につづき今さら感満載ではありますが(笑)
「悪左府さまより悪辣だ」と評しながら涙する藤原師光とともに、なんだかものすごい決意のようなものが感じられました。

さて、次回から清盛は新たなステージへと踏み出すのかな。たのしみだな!!




テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

速報!夏コミ出ます(^o^)

8月12日の夏コミ3日目、スペースいただきました~!
西館・ほー26a
ひさしぶりの歴史スペースです(^o^)
『大河ドラマ非公式ガイドブック・清盛どぅよ?!』等々、かなりばかばかしいラインナップで参上します♪
ぜひぜひ笑いに(そして突っ込みに?!)いらしてくださ~い♪


テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

清盛どぅよ?!第22話「勝利の代償」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)





おわった!おわったのだー!!
清盛&義朝、つかの間の、ひさしぶりの、そして最後の(涙)ラブラブタイムにござりました(ToT)
皆の者、義朝サマのツンデレもこれで見納めよ♪といわんばかりの大サービスごちそうさまでした(^o^)
清盛、「戦はお前が一枚上手であったな!」「みごとであった!」って、ライバルをちゃんと褒める!なんていい子!
なんだかんだいってもやっぱ都育ちだよなぁ~
平氏のボンボン、お育ちがいいよなぁ~
だから信西にナメられんだよぉ~
・・・・・と思わないでもないですが、かわいいのでOK!
伝家の宝刀の名前を勝手に変えちゃうほどラブラブなのもここまでか・・・と切なく思う反面、
いや、もしかしたらこの関係のまま平治の乱に突入してしまうのでは?!
ラブラブのまま引き裂かれる二人?!あぁ清盛ッッ。どうしてあなたは清盛なのッッ。
もうここまで盛り上げといて視聴率上がらないんだから、いっそ腐女子サービスに徹底してしまえー。(さんせーい。)

・・・・と、腐ったお姉さんとしましては、最初の何分かに心をうばわれすぎてしまい
後は流してさっさとラブラブをリピートしたいお年頃♪だったわけですが、
そんな中(どんなだよ)息子同士の殺し合いに立ち会った藤原の父上がせつなすぎましたね。
くにむらサンのおさえた演技が涙をさそいました(ToT)
それなだけに、翌朝のオウムのシーンはやりすぎ感満載だったなぁ(^^;)
息子と会わずに去らせたシーンだけで充分お心のうちは伝わってたのに、(あたしは泣いたよ。)
翌朝のあれでかえって興ざめっぽかったです。
「水仙はどこじゃ~~~」に通じるものがありましたですね(^^;)
信西がみつけちゃった『粛清日記』もチョー後付け♪いまさら何いってんの♪
そんな「ステキな政治家さん(^o^)」なそぶり、これっぽちも見せてなかったじゃありませんか♪
あんな粛清しかしてなかった(ようにしか見えん!)人に対して、フォローにもなんにもなってないよ♪
しかし、これでもうくにむらサン出ないのですよねぇ・・・・さびしいですのぅ・・・・
ワタシの好きなお公家が一人また一人と舞台を去ってゆく・・・・(ToT)

さて、後半からスタートした叔父上祭りはいよいよ次回クライマックスです!!
日曜日にむけて、こちらも気持ちを盛り上げていきたいとおもいます!(^o^)
(自分なにを期待してるんだって話w)

さよなら叔父上!最後にあの「き~~~~よ~~~~も~~~~りぃ~~~~」聞かせてくれよ!!



テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

清盛どぅよ?!第21話「保元の乱」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)





1156年7月10日。はじまりました。
開幕から義朝オンステージ(^o^)
「今すぐ昇殿をお許しくださいませ!」って、源氏の崖っぷちっぷりを公然と披露(笑)
そうねー。死んでから許されても遅い、そのとおり!!
昇殿はせまるわ夜討ちはせまるわで言いたい放題の義朝(こんなに口が達者な男、ワタシはイヤです(笑))に対して、
ひとっっっ・・・・ことも口を挟めない清盛の敗北感。こりゃまいったね!
夜討ちを迫られる両人(信西&頼長)の孫子の解釈の違いもよかった。信西、前向きすぎる(笑)この前向きっぷりが勝利を呼んだのか・・・・
そしてゴッシー帝直々のありがたいお言葉!!赤裸々すぎる身内のスキャンダル話!!
ありがたい!!実にありがたいけど、今ここで?的な空気がただよう中、
「これをとどめられるのは武士しかおらぬ!」
「そなたたちの力を持って白河北殿を落とすことが新しき世のはじまりである!」
と、なんとも絶妙にまとまりましたぁ(^o^)
ほんとおもしろいなーゴッシー帝♪

とまあ・・・・・なんだかぐだぐだな中で始まった戦ですが、いろんな意味で源氏の圧勝っぽかったです(^^;)
なにしろ源氏父上主従がおいしすぎた!
「道清の志は殿を守りきること!御身のみならず御心もまた!」って!!(ToT)鎌田~~~~(ToT)
由良さまの器のでかさにも驚いた!戦う女の美しさ!
そして為朝「小耳にはさんだこともないわ!」と伊藤を一蹴♪
あんた豪腕のくせに口が達者すぎるだろぉぉぉー!(←源氏の血かぁ(^o^))

一方清盛、朝まで叔父上と一騎打ち!夜討ちの意味、まったくナッスィンングよ(^o^)
でも、黒装束かっこよかったね♪
あんまりほめるとこないから、そこほめとくよ♪

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

| ホーム |


 BLOG TOP