プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清盛どぅよ?!第32話「百日の太政大臣」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)




太政大臣っていったら、アレですよね!
『平清盛いい胸毛♪』(→1167年)
なつかしいですね~~~日本史の授業!この語呂あわせのせいで全国的に毛深いイメージな清盛です(^o^)
うん、まあ間違ってないような気がするよ(笑)

前回に続きまた今回も、なんとなく源氏中心なかんじで話が進んでいる…(佐殿がナレーションしてるから仕方ないのか…)
安達と佐殿の愛の巣に、どっかの女が乱入してきましたよ!
こちらもどうせうまくいかないのは全国的に有名なので(笑)あんまり引っ張らないでもらってかまわないんですけど。
何の伏線だか知らないけど、北条時政があたたかく見守ってるふうなのが実にウソくさい(笑)
そして体を張って佐殿を止める安達にまた萌える(^o^)
源氏パート、なかなかに目が離せません。

で、朝廷のほうですが、こちらはこちらで清盛の出世街道がおもしろい!
軽く天狗になってみたり、ゴッシー帝にまどわされてみたり、
でも結局「治天の君の手のひらのすわり心地!存分に味わいつくしますぞ!」って、ぜんぜん負けてない!
この二人の駆け引き、ぞくぞくしますなぁ~~♪

それにしても、坊主になった西光は無駄にかっこいいですね!!
うっかりまた絵を描きたい衝動にかられました。なんとか自制いたしましたが、次はわからないな♪
漁師なのに朝廷のしくみを教えてる盛国もおもしろいし、配流生活まったくこたえてない(反省してなさすぎる!!(笑))時忠もステキだよぅ(^o^)

おもしろいんだけどなぁ。
この時期から視聴率上げるのって、やっぱ難しいのかなぁ。……ぶつぶつ。(※まだあきらめてないよ!!)

スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

清盛どぅよ?!第31話「伊豆の流人」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)




無駄にイケメンな流人主従で第3部スタート(^o^)安達の甲斐甲斐しい嫁っぷりがたまりません。
「早めのメシにしてくれ」って…佐殿ってば!!あの瞬間、全国の腐女子のたうちまわりましたね(笑)
しかも、安達のとってくる魚やたらうまいらしいよ♪シアワセだなぁ♪

で、清盛です。OP映像がかわってた!!すっかり公家になっててびっくり!!でも似合う(笑)
いつのまにか、公家スタイルが違和感なくなってたんですね。成長したなぁ。(しみじみ。)
そんな中でも、「博多を都のとなりにもってくる計画」の話するときなんか
いかにもいたずらっこ的な目をしてみせたり、役者さんの演技にますます磨きがかかってるように思いました。
(あぁ~~~またほめすぎてしまったぁぁぁ~~~~)
ゴッシー帝との駆け引きもいよいよ本格化。帝の法要で坊主を目でだまらせた清盛はかっこよかったんだけれども、
その後のゴッシー帝の「あぶないあぶない♪だまされるところであった♪」はブキミでしたねぇ…。
このドラマのゴッシー帝、何考えてんだかわかんなすぎてマジこわい!!うまく作ってる!!
(あぁ~~~またほめすぎてしまったぁぁぁ~~~(笑))

ひとつ、ものすごく気になってんですけど…
ワタシ北条時政だいすきなんですよね。(正確にいうと、その息子の義時がすきなんだけれど)
今回の時政、いまんとこひたすら「いいおっさん」なんですけど、そのうち豹変するのかしら?!
うまく変わっていってくれるといんだけれど。いいおっさんすぎて心配。
だってありえないよ!北条氏がいい人なんて!いつボロが出るのかと思うとおちついて見ていられないよ!(笑)

そんなわけで、「源氏パート」と「平氏パート」ですすんでいくらしい第3部。
どうもね…源氏のほうに重きを置いてるっぽくて不安なんだよね…
いちおうタイトル「平清盛」なんだから、せめて清盛生きてるうちはしっかり描いてほしいなぁと切に願います。

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

no title


明日コミケです!よしの亭スペースで、藤原家のみなさんがお待ちしております(笑)
西ホール・ほ26aですよー(^∀^)ノ

清盛どぅよ?!第30話「平家納経」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)




裏テーマ『怨霊上皇』(^o^)/♪

ついさっきまで「ここへ流されてよかった・・・」とか言ってたお人が
ゴッシー帝の情け容赦のない仕打ちによりふたたび怨霊スイッチON……
舌噛み切ってご自害あそばされたのかと思いきや?!
あれは『生霊』なの?!なんかツメのびてきてる?!ってことは生きてんだよね?!
演出、ヘンに細かいね(笑)

上皇サマの怨念が讃岐の空からとんでゆくのが見えるようになってる西行にも驚き!
いつのまに霊感身に着けた?!(笑)
そんなに徳の高い坊主だったかな(^^;)
しかし、舟の上で 「西行の坊さん!なんでお前が乗っとんねん!」ていわれたとき、
兎丸を見上げた西行の、いたずら小僧のようなカラッとした笑顔!超ツボでした(^o^)かわいすぎた!
そして嵐の中でひさしぶりに「鱸丸!」と呼ばれた盛国の目。
たしかに一瞬、輝きを放ちましたよね?!
オタクの目はみのがさなかったよ!

「博多を都のとなりにもってくるぞ」って、またしても『いたずらスイッチ』入っちゃった清盛。
でも、次回から『同時上映・がんばれ頼朝くん』がはじまっちゃうよ!
果たして対抗できるのかな(ToT)
Nのみなさん、どうか平家側も手を抜かず作ってくださいねー(ToT)

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。