プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

清盛どぅよ?!第35話「わが都、福原」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)




「20年前の呪詛が今頃効いたかなッ /(^o^)てへぺろ♪」という、叡山トップの明雲和尚捨て身の自虐ネタ…
なんだか今回、のっけからすべり気味(笑)

清盛危篤で平家内外に吹き始める隙間風、ここにつけ入ることができるのか摂関家?!(依然としてチーム二人(笑))
どうしても兄弟愛に波風を立てたくてしょうがない時忠に、何があってもぜったいにぶれない女・時子。
(…でも時忠もある意味ブレてない。むしろブレなさすぎ。)
子供のころからのどうしても捨てきれないわだかまりを事あるごとに蒸し返しちゃう頼盛、
あぶなっかしくて見てらんないなぁ…と、もはや母のような気分で見守っておりましたんですが、
福原に呼び出され。
清盛の思い描く「この国の形」の壮大さに度肝を抜かれ。
器の差をいよいよ痛感し。
「とてつもないことをしでかす兄を持つ弟のさだめ」を悟ってくれたのかな。
清盛の
「これより先も、口うるそう一門を支えよ!!」って、昔父上が叔父上に言ったことばだよね(ToT)
それだけで涙ちょちょぎれそうになってる自分、どんたけ清盛好きなんだって話(^^;)

ああーダメだ。もう、一視聴者としての冷静な判断が下せなくなっている(笑)

しょうがないからいっこだけダメ出ししようかなッ(^^;)
常盤の立ち居地が、ここまで来ていまだにあやふやですね。ってことは、もう最後までだめでしょうね。
最初の設定どうだったのかな?もしかして、時子さんとダブルヒロイン的な扱いなのかなと思ってたんだけれど、
残念ながらそうでもなかった。むしろなんでいるのかイミのない存在になっちゃってる。
せっかく人気の子をあてたんだから、もっと義朝と清盛の間でおよがせるなり…
義朝の死後もうちょっと清盛に接近させるなり…
義経が清盛を「父上」って呼ぶのも意味がないし、「ほんとうの父上は…」とかいう場面出されても今さら感満載。
「義経」のときは、そのあたりとてもうまく作っていて、清盛に魅かれる常盤の葛藤とかも見てて心うごかされたし、時子と常盤が対峙したりすると何が起こるのかドキドキしたんだけれど。
思い切って、「清盛・第二のロマンス」みたいにしちゃったら、もうちょっと盛り上がったんじゃないかな…
せっかくの人気女優がもったいねぇな。
まあ、でも常盤は好きでもなんでもないのでどうでもいいです(^o^)

あーもーいっぺんあたしに脚本かかせてみ?(笑)(って、天地人のとき毎回言ってたような(笑))

……で、今回も安達の魚が実にうまそうでした。以上。
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

清盛どぅよ?!第34話「白河院の伝言」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)




清盛、危篤!!

つきっきりで看病するのは妻……じゃなくて盛国でした(^^;)
そうねー。時子さまには看病より重大な御役目があるもんねー。
なにしろあんたの弟がうるわしい兄弟愛に波風立ててるから!!!(笑)
まったく時忠のトラブルメーカーっぷりときたら目が離せません(^o^)/

清盛危篤の報に小躍りする、たった二人の弱小摂関家チーム。
心配してんのかしてないのか、いまいちピンとこないのんきな滋子。
うっかり本音を暴露する源氏の生き残り頼政。
そんな中で、ゴッシー帝の狼狽っぷり!!
泣いてる?!泣いてるよぉ!!!
「こわいのじゃ!清盛がおらぬようになってしまうのが!」
「あの目を見ているとわしは安堵するのじゃ!」(←※告白以外の何者でもありません。)
そして泥まみれで駆けつける!!(←※川氾濫してるのに輿乗り捨てて、あんた泳いできたんかい?!)
二人のややこしい友情(←※もはや愛情)に熱くなりました(^o^)
ただならぬご縁を垣間見せた「ゴッシーのおでき清盛のサイコロに昇華の件」もなかなかよし。
あの世の入り口で後白河院と対峙する白装束の清盛、美しい!
おねがぁぁぁぁぁい!!!坊主にならないでぇぇぇぇぇぇ(ToT)

   うーん、でも、ちょいと使いまわしシーンが多かったかな……。
   いや、ちょいとじゃないだろ…舞子の場面3回目じゃ…
   今回、もしかして一回休み?まさかの「二話連続一回休み」?!

と、いっぱん視聴者さんの意見も代弁しておきますが、ぜんぜん普通におもしろかったです(^o^)

あっ、また評価甘いですか!甘いですね!すいません!(笑)
あっ、でも、わたしNの回し者とかじゃぜんぜんないですよ!ねんのため!(笑)

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

清盛どぅよ?!第33話「清盛、五十の宴」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)




再放送更新、もうしわけござりませぬ(ToT)さいきん忙しくて……

みなさん♪清盛のおたんじょう会ですってよ(^o^)/♪
まぁた一回休みかい!そんな余裕あるんかいな?!という怒号が全国で飛び交ったことでありましょう(笑)
清盛に甘々なわたくし的にはけっこう楽しい45分でございましたよ(^^;)
「よきにはからえ!」って、いつのまにかそんな尊大な口のききかたも覚えたんだねぇ……
そうか~50か~!!しみじみ。あと14ねん……(ToT)

藤原のおふたり……「思い知らせてやりましょうぞ」とか言うから一体どんな謀略をめぐらしてくるのかとおもいきや、まさかの道場破りでしたね(笑)ウケたよー(^o^)
…っていうか、思い知らせてやるっていっといて敵地に乗り込んでるあたりでもう終わってる(^^;)
あの兼実って、玉葉の人ですかね?あれおもしろいですよね。だとしたらイメージぴったりすぎです!

イラストでは平家公達の美麗ツーショットを描かせていただきましたけれど、
藤原のおふたりのまったりとろりんとした無表情な舞い(笑)かなりツボでした♪

滋子様は腹黒兄貴がビビるほどの悪女におなりで(でもかわいい♪)
なにげに西光が赤を着てたのも見逃しませんでしたよ(^o^)よく御似合い♪

……で、伊豆。北条時政の露出が増えてまいりました。いまのとことまだいいおっさん。しかし佐殿のほうは着々と平家に対する恨みを増殖中のもよう……
佐殿が無精ヒゲなのはまあ許す。でも安達は剃れ!(怒)←そこ……?
これがきっかけで挙兵に踏み切るとしたら、鎌倉マニアといたしましてはちょいと違和感あるんですがね……
次回・次々回くらいでもうすこしひねってみてほしいところであります。

あ、なんか今回はわたしマジメですね(^o^)いいぞーその調子♪

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

| ホーム |


 BLOG TOP