プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第4話「妖霊星」




兄上の禁足が解かれました(^o^)
やっぱり時代は兄上を放っておかないよね。
しかし、大出世にともないまして山本家に余計なものがやってきましたよ。
嫁!そんなものもうとっくにいるのに!白い羽織のお嫁様が!(笑)
あ……そういえば羽織ばかりでなくふくらはぎも異様に白かったですね……
そんなとこばかり見ててすいません……

さくさくと進む江戸の大事件。盛りだくさんすぎてほぼ箇条書き(^o^)むしろ年表状態♪
この状況、なにかに似ている…。
そう、あれですよ。日本史の授業、幕末~明治のあたりがいつも3学期ぎりぎりになっちゃって、「テストには出るから教科書見とけよー」とか言われて、ほぼスルーなの。そんな学生時代を思い出しました(笑)
しかも安政の大獄の血なまぐさい場面にやたら清らかな美しい音楽が流れてて、Nの意図がまったくよめません!
今回、江戸の事情の説明で7割くらい時間を持っていかれてしまったかんじです。
ふつうの視聴者さんが離れないといいけれど……
と、マロの説明が長すぎて視聴者を失った昨年を思い出してなつかしい気分になったりして。

井伊直弼の衣装の色いいな。
生前戒名を得てまでの覚悟をもっての御働き、かっこよすぎる。……って思うのは暗殺されるのがわかってるからかな(^^;)
で、井伊家の白猫ってやっぱ「ひこ○ゃん」なのかな(笑)
……と、つっこみどころ満載でけっこうおいしい井伊直弼ですが、いちばん気になったのは一橋家のおぼっちゃまの衣擦れの音だったり!!
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第3話「蹴散らして前へ」




すいません、イラスト「そこ」です(^o^;)
去年の「清盛」からおつきあいくださってる方は「あぁぁぁ……やっぱりそこ……(痛い……)」ってかんじですかね。
はい!痛い女子ですいません!(^o^)/
だって今回も『大河ドラマ・覚馬の桜』バリバリ全開満開です!
川崎尚之助は覚馬をおっかけていよいよ会津入り。おさななじみの山川くんも立派なイケメンに成長し、会津お花畑デスヨ♪
「何かをはじめようとすれば、何もしないヤツがかならず邪魔をする。蹴散らして前へ進め!」
象山先生の熱すぎるお言葉を胸に(いや、これ名セリフだよねwホントに言いそう♪)信じる道を邁進する兄上。
あちこちで頭の固いおっさんや田舎侍とガツガツぶつかり火花をちらし、湯気撒き散らし、暑苦しいことこの上ない!!
見た目も立ち居地もするりと冷ややかな尚之助と好対照で、二人ともうまくキャラ作ってますね。
ほんと、なんか尚之助って「冷やっこ」みたいなんだよな。そしたら兄上は湯豆腐か!!わははは!!
会津の若衆総落ちの槍試合、圧巻でしたね!!試合もさることながら、無駄な露出が!(笑)
3回以上リピートしたひと~~~!は~~~い!

今回も男祭りなかんじの会津家中にあって、ナゼだか松平家に男っ気がありません。
容保サマのおそばにイケメンが足りない。これはいけない。はやくなんとかしてください。
まあ、一見ムダに見える松平家の三角関係もそのうちなんらかの形でストーリーにからんでくるのでしょうから、たのしみにしておきたいとおもいます。
照姫さまの美しさは文句ないです!いつまでも眺めていたい!(嫁気の毒だな……)

そんなかんじで、なんとなく兄上のまわりをうろうろしてるだけなかんじの八重さん。
歴史モノで女が主役だとどうしてもこうなっちゃうんだよね。これは仕方ない。
それでもラスト、ついに実弾ぶっぱなすシーンはよかったですよ。命中なんかしちゃって、うっかり感激してしまいましたよ。
そう。兄上が禁足くらってるその間にも、着々と歴史は動いてる!
だからだいじょうぶ!
蹴散らして前へすすめ!



テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第2話「やむにやまれぬ心」




関東地方はものすごい大雪でしたね。
うっかり録画をわすれ、出先の旅館でものすごい集中力で視聴いたしました(^^;)
ふだんから多分に偏りのあるブログですが、今回は記憶のみに頼って書いてますので、さらに偏りのある文章になると思われます!ご容赦ください!

前回でおしまいかと思ってた兄上の江戸遊学シーン再び(^o^)(いきなりそこです……)
暑苦しいほどの青春劇場が繰り広げられている象山塾がら目がはなせません。
  「おれがとりつかれてる!」
  「夢中になって他のものが目に入んねぇ!」
  「ここに火がつきました!」←この会話だけ聞いてたら全国の腐女子悶えまくりだよ!!
脱藩おおいに結構!!もう会津帰らんでええからこのまま二人で逃避行GoGo!!!黒船で駆け落ちしちゃえー!!!(^o^)

……と、一人盛り上がるオタクをよそに、閉塾されちゃう象山塾(ToT)
額縁を持ち去る勝先生がちっとも寂しそうじゃないのがまたウケる(笑)
このテンポのよさ、振り回されるなあ(^^;)
いや、喜んで振り回されようじゃないの!!

一方、出戻った義姉との再会を必要以上に喜んでるふうな容保サマ。(…ちっ。)←?!
照姫サマの無駄に長いお披露目タイムから察するに、(美しすぎる!!)このふたりの内情も実にアヤシイ。
あちこちで愛の炎が燃え上がってるような気がするのはオタクだけでしょうか。
そうですか!そうですね!すみません(^o^)

八重ちゃんだってよかったですよ。
父上に「二度と鉄砲のまねごとをするな!」といわれて、そこだけは「ハイ」と返事しなかった!
スジ通ってんなぁ(^o^)
で、その主人公の八重ちゃんが「八重さん」になってしまいました(ToT)
かわいかったのにぃぃぃぃぃ(下膨れで(笑))と、ちょいとさびしいおもいをしたのは私だけではないはず。
ラスト、一発ぶっ放してから終わってほしかったと思ったのも私だけではないはず。
あれじゃぁ「やっぱやーめた。」かもしれないじゃんねぇ。なんだか消化不良。
まあ、兄上がついててそんな不手際はないはず……
でも、盛り上がった気分のやり場がなかったなぁ……
なので、今回はマイナス30点かな……
残りの70点は兄上と八重6:1で(笑)
次回も、兄・山本覚馬がどんな男たちとどんなドラマを繰り広げるのか?!たのしみでたまりません(^o^)←そこ?!

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第一話「ならぬものはならぬ」




あけましておめでとうございます♪
今年も張り切って(?!)大河ドラマに突っ込みいれさせていただく所存!
どこまで続くか?!ワタシがこのドラマを「おもしろい♪」と思い続ける限り続くはず……
昨年から引き続きのみなさまも、はじめてお目にかかるみなさまも、暖かく見守っていただけましたらシアワセです(^o^)

さて、初回拡大74分。
8時にスタートし、気がつけば8時30分。
……あれ?なんだか30分間、会津藩の説明しかしてない気がするけど?
これはかなり見るのに根気がいるよかん(^o^)(早くも家族脱落気味(笑))
「なんだよこれ~~もう説明いいよ~~!みんな知ってるから~~!」…とグチグチと新年初つっこみをいれていると、家族から「いや…ふつうの視聴者はそんなに知らないから…会津藩…(^^;)」と早速フォローが!!
そうなの?!みんなけっこう知らないの?!そうだとすると、会津藩のびみょ~な立ち位置知っとかないとキビシイのか!そうか!そのための30分か!納得!でも眠い!(笑)

そんなかんじで一人ボケ突っ込みを繰り広げている間に…45分くらいから、急に話が動いてきましたよ!!
お兄様が江戸へ出るくだり♪幕末のぎらぎらしたヤローどもがうようよ登場し、オタクのテンション急激にUP!!
象山先生の突き抜けた変人っぷりに萌えまくり!!勝先生のろまんちっくな江戸弁にメロメロ♪
いやあ~~~、待たされた分、劇的におもしろくなってきたよ!…とおもいきや…江戸での輝かしい日々は一瞬で過ぎ去り(笑)
ちょっと……カメラ会津に戻るの早すぎだから!!(ToT)(←…と思った人、手ぇ挙げてッッ!!)

蔵に閉じ込められたやえちゃんが、おにぎり手に涙するシーン。びっくりしましたね。
なんだ泣いてんのかよ…フツーだな…まあ、百歩譲ってこれが「悔し泣き」だったら見所あるかな…
と思って冷ややかに見ていたところで!!
まさかの「嬉し泣き」(^o^)/♪
やられたぁ!!!そう来たか!!!
「武士らしい」って言われて、涙流して喜ぶおなご!!!ステキすぎる!!!

…というわけで、一発でハート鷲掴みにされてしまった感な自分であります♪
子役の会津弁がききとれないとか、まあいろいろあるにはありますが、あの嬉し泣きで一発大逆転くらっってしまったワタシとしましては、今後の展開を前向きにたのしみにできそうな予感がいたします(^o^)
今年も辛口につっこみはいれつつ、あくまでも応援する方向で(笑)たのしんで更新していければいいなとおもいます。
一年間、よろしくおつきあいくださいませ♪




テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。