プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第17話「長崎からの贈り物」




舞台はなんの前触れもなく唐突に長崎へ(笑)
覚馬と修理の「ぶらり長崎ふたり旅♪」、無事決行されたもようです(^o^)/
教科書に出てるようなおえらいお医者サマに診ていただいたにもかかわらず、失明宣告をされちまって荒れる覚馬。
そんなときに友人たちのかけてくれた言葉が実にあたたかい。
「誰だって、できることには限りがあります」
「わたしは五体のすべてをかけて殿にお仕えしております!覚馬さんも同じはずだ!」
(※五体のすべてをかけて殿にお仕えする修理をしばし妄想(笑))

………でさぁ!!!
なんで突然月代なくなってんのォォォォ?!
イメチェン?!それなんか話の上でイミあんの?!
イミあるんならいいんだけどさ……
たとえば失明しそうなんで三郎に家督ゆずって隠居しますとか、
そんなこんなでちょいと世捨てモードに入っておりますとかさ(笑)
なんだかただ単に視聴率気にしてちょいとかっこよく見せとこう(ようするに腐女子狙い(笑))とかいう浅はかな発想みたいな気がするよ!!
あるいはメンズが全員月代だと同人で描きわけむずかしいから(やっぱり腐女子狙い(笑)(笑))とかさ!!
……待て!!落ち着け自分!!(^o^)

どうせ覚馬は文明開化でマゲぶったぎるんだからさ、それまで月代のほうがむしろよかったんでないの?
一人だけ総髪ってぜったいおかしいって!!ぜったい余計な作為がある!!
……というわけで、今回わたしはけっこう怒っております(笑)
そんな小細工しなくても腐女子はちゃんとついてくるので(オイ。)がんばってよ。

そしてすっかり両思いになった武器商人から「銃のことをよく知ってる人に使ってもらってください」と譲り受けたスペンサー銃は、尚さんでなく八重さんへ(笑)
やー、ウケた!!!さすがぶれない兄妹!!!
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第16話「遠ざかる背中」




山本家のお子ちゃま、なんとうちにおりました~♪というオチ!!!
かわりにうらさんを探しに行こうという尚さんを信じて待てない八重さんにちょいとイラつくも、
うらさんの久々の晴れやかな笑顔が見れたので、この件はよしとしましょう。
なんかムダなエピソードだったな(笑)

道場でのやりとりはよかったですね!!
江戸の話きかせてコールをまるで無視して闘志むき出しのクールビューティー竹子!!
シビレルわー(^o^)
鉄砲をコケにされた八重さんが何言うのかと思ったら
「あの人には負けたくねぇッッ!!」
いいわー八重さん(^o^)
この二人、目の離せない関係に発展しそうです♪
どちらかというと、火事をけずってでもこっちのエピソードをふくらませたほうがおもしろかったんじゃないかな。
竹子さんのキャラが消化不良で終わらないことを祈ります(^^;)

一方、一橋公のおかげでなんだかぐだぐだな都のヤローども。
勝先生ってば
「覚馬ァァァ!!!おぬしの目はフシアナかァァァ!!!」って!!!
いや、そのつっこみ今いろんな意味でキツイですよ!!!(ToT)
覚馬は覚馬で
「一度はこの目で異国を見たかった……」とか自虐入ってるし!!!(ToT)
そしてとどめは一橋公の
「自民党をぶっつぶす!!!」……あーちがうちがう!!!「幕府をぶっつぶす!!!」
そら会津混乱するわー(^o^)

容保さまとお上の最後の会見。(しかもふたりっきり!!!)
「長い間まことを尽くしてくれて、ありがとう」って、泣けました!!!
敢えて「ありがとう」っていう言葉を選んだのが秀逸だとおもいました。
うえ~~~~ん(ToT)お上~~~~~~(ToT)
そうか……遠ざかる背中はお上だったのね……
心のよりどころを失った容保さま、どうするどうする?!
なんかもう、容保さまのガラスのハートがしんぱいでたまらない……(ToT)

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第15話「薩長の密約」




冒頭、いきなりオダギリジョーが「ジョー!!!」と呼ばれてましたねッ。
違和感なさすぎて(あたりまえか(笑))ウケました(^o^)/
思わず声が裏返っちゃうほどごきげんなジョーとは雲泥の差な会津のみなさん、
薩摩や一橋公にいいように翻弄されて、どっちに向かえばいいのかわかんないかんじ。

タイトル「薩長の密約」ってことは、「薩長の密約」が今回のメインなんですかね?!
なんだか何を見せたいのかよくわかんないですね(^o^)
わかんないながらも、坂本龍馬を「某土佐脱藩浪士」でサラッと流すあたり、貫いてるなーと好感でした♪
会津と龍馬はカンケーないからね……。よかたっとおもいます。
桂さんのせっぱつまったかんじと、薩摩のツートップの抑えた中に重みを感じる語り口もよかったです。
そして佐川と斉藤のひと勝負!!
漢と漢、魂と魂のぶつかりあい!!(※漢とかいてオトコと読むべし!!)
齋藤が血をぺろり。佐川の汗がきらり。……ええなぁ……(^o^)
DVDいきつ戻りつ、何度も鑑賞させていただきましたよ。ふふふ。

そんななか、いつのまにかはじまってた風な長州征伐!!公方様ご発病、そして病死!!
一橋公は言ってることがコロコロかわるし、(※今回ご装束もものすごいコロコロかわりましたね!一人ファッションショー状態♪)会津もうなにを信じていいのかわからない!!
とりあえず一番気になるのは、覚馬と修理の「ぶらり長崎ふたり旅♪」は果たして実現するのか?
そこですよねッッ!!(笑)

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第14話「新しい日々へ」




すっかり葉桜となり、放送から二日も過ぎてしまいました!みなさんごきげんよう!(^o^)/
ちゃんと八重見てますかー?そういう自分もついうっかりよそのチャンネル見ちゃったりして、
なんだか視聴率が上がってこないもよう…
無理もない。どうも流れが悪い。
せっかくの八重さんの祝言ですが、先週と今週にまたがってしまったためかイマイチ気分がのらず……
先週のね、秋月家のあたりの、桜の舞う情景はきれいだなと思ったの。
そこで1週間あいてしまったのが痛かったね。あの流れで紅さすとこまでやっちゃえばよかったのかな。
もしくは「わたしの妻は鉄砲が得意な八重さんです!」までやっちゃえばよかった。
京都と会津いったりきたりで、どこをみせたいのかまるでナゾなかんじでした。
そんな中でオタク(※ちょいと腐り気味(^o^))のハートに飛び込んできた桂小五郎のムダなアップ!!!
カメラ近い!!より過ぎ!!しかも時間かけすぎだよ!!!(ほめてます!!)
あんな流し目で銃の検分とかされたら鉄砲足軽ども気が散ってしょうがないです!!
これじゃー命中率も下がるってもんだ!!ははははは!!!
そんなかんじでワタシの命中率も下がりまくりでして、今回まともな感想もないってかんじ……
どうやらこのドラマでは、岩倉村のあのお方と薩摩の人たちが龍馬さんヌキで薩長同盟を仕上げてくださるようです。
それはそれでいいんじゃないかな。
だた、いっこ思ってるのは、会津の側から描いといて長州を悪者にしないのは難しいんじゃないかなぁ…
山口県のみなさんに気を使うのはわからんでもないけれど、
思い切って悪者にしないと、視聴者の気持ちのやり場が定まらなくて話に入り込めないっていうか、客観的になってしまうからドラマとして盛り上がらないっていうか、話のスジが見えてこないかもしれないですね。
まあ、ワタシは長州が好きなのでどっちでもいいです。(^o^)/
逆にあんまり悪者にされるとムカつくかも♪……って、そういうヤツがいるからやりにくいんじゃー!!(笑)

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『八重の桜』謹んでつっこみいれさせせていただきます!第13話「鉄砲と花嫁」



「八重と夫婦になれメール」をスルーされ、今度は「会津から出てってもいいよ?メール」を送りつける覚馬。
出て行ってもいいだなんて!!覚馬にそんなこと言われるなんて!!尚さん大ショック!!!(ToT)
なんだかさぁ~尚さん、覚馬に「八重と結婚しないなら会津にいないでもいいよ」って言われてあわててプロポーズしたようにしか思えないんですけど……(笑)
    ああ、わたしだけですか?すいません……
兄上、そんな一か八かの博打に出てまで尚さんと家族になりたかったのね……としか思えないんですけど……
    ちがいますかね……すいません……
まあそんなわけで、八重さんのご結婚が決まりました。よかったです。覚馬と尚さんが家族になって(笑)

それにしても山川大蔵がいちいち切ないですね。飽きてきました。イケメンなのに女々しすぎる。もう一生引きずってなよ。
あ、山川家の嫁なかなかよかったです。あんなに小姑がたくさんいる家に嫁にきてかわいそう(笑)
双葉さんもすっかり平馬にメロメロなかんじで、なにげに笑顔が増えてます!!かわいすぎる!!

幕府では、長州を征伐するとかしないとか。
そこ、もめてる場合じゃないんだけどね……。
「そんな戦、日本のためにはなりませんヨ!」と、西郷に諸藩による共和制を説き、うっかり手のひらで幕府(※柿)をにぎりつぶしちゃった勝先生!
やべぇ!!オレ、しゃべりすぎちゃった /(^o^)てへぺろ。
勝先生と西郷、どちらも表情がさえまくりでした。緊迫感のあるシーンだった!

うちのご家老の、「われらは一体何と戦っておるんであろうの?」
重たい言葉です。そういう時代だから仕方ないんですよ、ご家老……(涙)
ある意味、会津がいちばん 何と、ナゼ戦ってるんだかわからないまま明治に突入したような気がする。
次回の八重の婚礼を境に、歴史的にどんどん暗転していく会津……
会津側から幕末を描くと決めたことをNHKが後悔しないよう祈ります(^^;)がんばれよぉー!!

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

| ホーム |


 BLOG TOP