プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『軍師?!官兵衛♪』第4話「新しき門出」




あーあ!!目薬が義弟になっちまったヨ!! /(^o^)かわいそうな左京進!!(笑)

というわけで、突然出てきたヒロインとほぼ何の前触れもなく速攻祝言でしたねッ!
そこ捻れよもうちょっと!(^o^)/
いちおうこれ、歴史ドキュメンタリーじゃなくてドラマなんだからさー、この二人はどうせくっつくだろうと歴史的にわかっていてもだよ?もうちょっと引っ張ったりとかね?視聴者ワクワクさせてくれてもいいんじゃないですかね???
だって主人公とヒロインだよ?こんなにフツーにくっついたら思い入れも何もあったもんじゃないよ。
清盛のときなんて「結婚できてよかったねぇ……(;;)」と心から涙したもんなのにさー。(そんなに心配だったのか(笑))
官兵衛&光、おふたりとも実に芸達者なので、(多少若作りすぎて痛かったのは大目にみる(笑))初々しい繊細なやりとりはすごくよかった。なだけにもうちょっと二人を動かしてほしかった。
あんな元カノ告白シーンなんか入れるよりもっとすることあるだろう!!と、オタク的にはおもいますが。
一年間で関ヶ原までやんなきゃいけないからね。焦るのはわかるけど、脚本ツメが甘すぎる。
終わっちまったもんは仕方ないんでね、ここはひとつ左京進との心のやりとりを今後丁寧に描いていってもらわないとね。このまま「いけすかねぇ義弟」で終わったら許さないよ。

しかし官兵衛の人たらしっぷりは出来すぎててイラッときますね(笑)
前回の「恩人ですから♪」もそうですが、「これで仲直りです♪」とかあの顔でやられたら惚れてまうやろー!!!!
こんな「ただのいいヤツ」でいいのか官兵衛?!こんなんで主人公としてキャラ立つのか?!
一年間これで通したらそーとーつまんなくなるよ?!
ここで一発おしっこもらしといたほうがいいんじゃないの?!(しつこい!!)
……あくまでも親心から言ってますから!!心から心配してますから!!(笑)

ひとつよかったとこ。
「天下布武」を公式宣言した上様が、家臣らと誰彼かまわず肩だきあってよろこびあってるところ(ToT)
この頃はまだ家臣らと距離が近かったんだよねぇ(;;)
上様の今後の暴走を拝見するのがつらいわ……(;;)

ところでおたつの墓………満潮になったら水没しそうなんだけど……どうでもいいか……
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『軍師?!官兵衛♪』第3話「命の使い道」




初恋の人が壮絶な討ち死に!!
いつまでもうじうじメソメソしているので父上から「黒田家の恥」言われちゃったりして /(^o^)
ダブル傷心の官兵衛、堺に気晴らし遠足だヨ!!
正義の貧乏浪人・荒木村重との出会いとか、いかにも今後の伏線っぽくてちょっといやらしいわ~と思わないでもなかったですが(ひねくれもの!!)堺で学んだ「命と金の使い道」は官兵衛の人生にひとつの方向性を形付けたみたいです。

今井宗久の「一撃で人を殺せます。」という言葉に凍りつく官兵衛主従。
戦のおかげで街が潤うという皮肉。「これが堺の商人の戦なのでございます。」
そして教会の鐘の音。
「隣人を愛し自分のようにいつくしむのです、そうすればこの世から争いはなくなるでしょう」
なんてね。ここで涙まで流しちゃうのはちょっと飛躍しすぎだけどね。
そのへん割り引いても、この後半3分の1、
官兵衛の精神世界へのたたみかけるような問いかけはなかなか深かったです。多少つめこみすぎな感はいなめないが。
キリスト教はもうちょっと待ってもよかったんじゃないかな。

あーでもフロイスのビジュアルが残念すぎたことだけ突っ込んどいていいですか?(^^;)
フロイスは今後重要なポジションを担うはずで、官兵衛ともあんなことこんなことしちゃうと思うから(何!!)イケメンを期待したんだけどなぁ。N、詰めが甘いわ。それとも日本人イケメン修道士とか出てくるのかしら。ぶつぶつ。

でね。信長劇団の「歴史の流れを説明する会」がちょっとひどいよね(笑)
あの信長と濃姫の夫婦漫才みたいなやり取りはいったいなんなんでしょうかッッ!!(美濃の裏事情までは説明する必要ないんでないの?)藤吉郎と小六も説明くさいことこの上なし!!半兵衛一人舞台もなんだか茶番っぽいし(歴史的にも茶番だけどw)あのへんでグッと質をおとしてる気がする。もったいないなぁ。
いっそあのおどろおどろしいナレーションですましてしまえ~~~(^o^)/

まあとにかく、若の笑顔が戻ってよかったね♪

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『軍師?!官兵衛♪』第2話「忘れえぬ初恋」





えー、まずですね。タイトル「忘れえぬ初陣」にしませんか?
戦国初期の土臭いかんじがすごく良く出てて、すばらしい合戦シーンでした(^o^)
初出仕に初陣。ついでに初恋。初モノ尽くしでございますが、いやぁぁぁ、なんとも甘酸っぱい初陣でござった!!!
あれ、お手柄だよね?!お味方の壊滅、そして小寺家重臣のおぼっちゃまの命をお救いもうしあげたよね?
そこで「余計なことするな!」とか「目薬がッ!」(←これウケル(笑))とかいわれちゃうのはさ、ひとえにオーラのなさ所以だよね(笑)
父上の、うっかりでしゃばりそうになる息子にヒヤヒヤしてる様子がじつに臨場感あふれてて!こっちもドキドキしちゃいますよ(^^;)

なんだかんだといちゃもんをつけつつ、ここ描きたいなぁ(^o^)っていう場面が今回はけっこうあって!
戦場で叔父上(かっこいい♪)に「ワシの側をはなれるなっ!!」ていわれて背後でおもらししそうな顔してる官兵衛とか!
官兵衛に囲碁の相手させてちょっとからかってみたりするおちゃめな小寺の殿とか!あれも描きたかったな。

あ、官兵衛ちっちゃいよね!天地人のときは殿のうしろをちょこちょこと兼続がついてくかんじがほほえましかったんですけど、今回は立場逆なんで(笑)これはいかがなものか(笑)
もこみち出てきたら「助さん・角さんとご隠居様」みたいな構図になっちゃうのかな…
それはそれでおいしいな(笑)
あっ、そういえばハチベエみたいな家来も出てきたな……(^^;)

そして小寺の殿のかわいらしいことといったら!
なんなんでしょうね、この魅力。一見狡猾そうでいて、でもなんとなくあったかいというか。バランスが絶妙でいいんだよなぁ。脚本というより、きっと役作りなんだとおもいますけど。役者さんの、小寺の殿に対する解釈なんでしょうね。
奥方様もすごくすてきでした。この女優さんが出てくると「あ…悪女か…!!」とつい思っちゃうんですが(笑)違った(笑)
色気と貫禄と聡明さ。これぞ「理想の上司の妻」じゃないですかね?
今後、官兵衛の母的な役どころになっていくんでしょうか。たのしみにしたいとおもいます。

脚本ね、セリフはもう捻りがなくて残念きわまりないかんじですが(笑)流れはいいとおもいますよ!(何様! /(^o^))
小寺家のややこしい事情のあいまにうまいこと信長の天下盗りの軌跡も挿入してあって、わかりやすいです。
今回うっかり上様の「サル!ワシが生きていたのがそんなに嬉しいか!!」っていうとこでほろりと来ちゃいましたよ(笑)
そう、あの頃のサルは上様のことがほんとに大好きだったんだよねぇ…(ToT)
……なんて妄想にふけってるとこでいかにも教科書通りな竹中半兵衛が登場してちょっとガッカリ(笑)
ふつうだわ~~~~~~~~(^^;)

わかった!!今回の大河、どうしても「ふつうに!!」やりたいのね!!
今年のテーマは「ふつう!!!」(笑)
ワタシだったら初陣で「武者ぶるいだぁッ!!」っていってる官兵衛におもらしとかさせちゃうけどなッ(爆)

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『軍師?!官兵衛♪』第一話「生き残りの掟」




あけましておめでとうございます(^o^)/

今年は『軍師官兵衛』に痛烈なつっこみを入れつつ、心から応援してまいりたいとおもいます!!(ほんとだよ!(笑))
昨年から引き続きご覧くださってるみなさまも、ぷらっとお立ち寄りくださったみなさまも、
ぜひご一緒に楽しくつっこみをいれてまいりましょう!!

で。ワタシにとって「天地人」以来の待ちに待った戦国モノでありますよ!!
(※「江」はカウントされておりません(^^;))
待ちに待った第一話!
冒頭の小田原攻め、「いきられよぉぉ!!!」が聴き取れず!!
「なに?!いまなんて言った?!」(どよめきっっ。)
官兵衛のカツゼツの悪さにいきなり痛烈なつっこみをいれさせていただきましたよ!!
たのむよぉぉぉぉ~~~~~~~~そこキメるとこなんだからさぁぁぁぁ~~~~~~~~発声練習してこいやぁぁぁぁ~~~~~~(ToT)

とまあ、暗雲立ち込めるオープニング(^^;)
本編始まってみるとこちらは「これでもかぁッッ!」っていうほどのベタなエピソード満載で(笑)
信長と秀吉の出会いとか。(ふつうだった。)
おけはざまとか。(いちいちふつうだった。)
ダメダメだった子が命を張った父母の叱責と死をきっかけに立派な跡継ぎに!とか。
いいんだけど。これはこれで安全策なんだけど。

でもさ~~~~~
「父上はお前が憎くて厳しくするわけではないのですよ」とか
「父上はお前のことを思って…」とか
「なぜ母が叩いたかわかりますか」とか!!!!
セリフまでいちいちベタすぎるんだよなぁ(笑)それ必要なの?!(^^;)もうちょっと捻れよ~~~~!!!
上様のセリフも、
「そのほうらの命、この信長にあずけよ!」「天はわれらの味方ぞ!」って、……ふつうだ(笑)
たのむよ~~~~捻ってよ~~~~~(ToT)(憤り通り越していっそ涙……)
「たつを嫁にしてください♪」これもせっかく子役がカワイイのにセリフが普通すぎてちっともときめかないし!!
そうか。今年の懸案事項はセリフだな……ぶつぶつ。

いっこだけよかったこと。
『信長が今川の首をとった者より居場所をつきとめた者のほうを高く評価した』っていうことに官兵衛がときめいたとこ。
この一瞬で今後の官兵衛の生きる道が垣間見られたかんじですか。
でも、その重要なシーンをサラッと流しすぎなんだよなー!!!そこ大事だろって!!!
で、まあ、とりあえず、「生き残る掟」としましては「謀は密なるをもってよしとす!!」でいいんですかね?(^^;)

そんなかんじで、なんだか心を掴まれそこなった第一話(笑)
今年は愚痴が多めになりそうで、先行き不安だわ~~~~~~~(^o^;)


テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

冬コミご来場ありがとうございました(o^∀^o)




あけましておめでとうございます!

年末はお忙しい中、冬コミスペースにお立ち寄りくださりありがとうございました(^o^)

夏~冬コミでの販売物に若干の余分がございますので、
通販ご希望の方がいらっしゃいましたらこちらまでご連絡ください♪

iku@yoshinotei.com

「八重の桜1」
「八重の桜2」
「八重の桜3」……このブログをまとめたものに若干の書き下ろし漫画・エッセイを加えて編集してあります。
「覚馬の桜」……前作書き下ろし・つっこみ漫画&読み物満載のアホなかんじの本です(^^;)
「つっこみ絵葉書」……見てのとおりな絵柄です(笑)

●ぜんぶセット……1600円(送料はこちらで負担させていただきます)
●冬コミセット(八重の桜2・3、ハガキ5枚)……1000円(送料はこちらで負担させていただきます)
●覚馬セット(覚馬の桜・ハガキ5枚)……送料込み900円

定数に達しましたら締め切らせていただきます♪
ご連絡おまちしてま~す(^o^)/

                     よしのはるか♪


テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

| ホーム |


 BLOG TOP