プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『軍師?!官兵衛♪』第12話「人質松寿丸」




う~~~~~ん、なんでしょう…前回にくらべてこの盛り上がらなさ…
せっかく勢いついてきて、前回「よっしゃこれから!」ってかんじで終わったのにね。
人質に出すか出さないかって、そんな1話費やすほどの騒ぎかしら?テンポ悪すぎだよね?
あぁ、すいませんね性格わるくて……(笑)
まあ、のちのち荒木さんちで一波乱あったときの伏線張っておきたかったのかな。そんなところか。

冒頭、父上のお口からこぼれた久しぶりの「しょんべんたれ話」にくいつきました(笑)
父上、そこもっとつっこんで!!松寿丸のトラウマになるくらいに!
そして立派に成長して松坂桃李になった松寿の口から「父上はしょんべんたれ…」という言葉が聴けるのを心待ちにしておりますよ(^o^)(ワタシほんとしつこいな!!)
なにげに、お箸で黒豆を口にはこぶ足利将軍の図にも釘付けになりました(^^;)
この人何させてもなごみますよ!!

見せ場は松永弾正でしたね!
爆死オヤジ!!伝説の平蜘蛛茶釜にろうそくなげこんだ(もったいない!)あのときの表情と「のぶながぁ…」っていうつぶやきが、なんとも味わい深かったです。
お濃サマに「人質はどうするおつもりですか?!」とつめよられつつも涼しい顔でお茶を立て続ける信長。
あれもいい表情だったなぁ。

ちょいとものたりない回ではありましたけど、予告を見るに来週からは動きそうなんで!1週間心待ちにしたいとおもいまーす。
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 軍師官兵衛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『軍師?!官兵衛♪』第11話「命がけの宴」





織田の軍勢が「播磨に来るのやーめたッッ♪」って……なにーっっっ?!
またしても試される官兵衛?!
小寺の殿も半兵衛も思ったとおりの反応だし、父上にはプレッシャーかけられるし!なんだかお約束な構図になってきたよ?(笑)

や、でも今回おもしろかったですね。見せ場満載で!!
どこのイラスト描こうかなって、嬉しい悲鳴でした(^o^)
こんな時代にありえへん「神の国の実現」を熱く語る高山右近に、ゲームのように毒を盛る宇喜多直家!!(笑)
登場人物のラインナップがだんだん濃くなってきた!

主人公の官兵衛がいちおう切支丹になるはずなので(本気かどうかは置いておく。)高山右近の扱いが丁寧なのは自然な流れなのだろうけど、
それならば本願寺側の心意気もすこし描いてあげたらいいんじゃないのかな。
あの戦も、真宗には真宗の言い分があったはず……
村重がちょっと言ってましたけどね。
「本願寺攻めは気が滅入る。恐れるところか喜んで死んでいく。きりがない。」って。
なんで信長に反旗を翻さなきゃならなかったのか、信仰を貫く場所はどうしても大坂じゃなきゃダメだったのか、それをおもうとちょっと切ない。

で、村重婦人がやたら敬虔なかんじに変貌してましたが、つい先日まで官兵衛に色目を使っていたことから察するに
高山右近がイケメンじゃなかったらあんた入信してないだろうとつっこみを入れてしまいたくなる反抗期なワタシです(^o^)
村重が「切支丹がふえると門徒がへるから応援する」って言ってて、なるほどな~とおもいました。
そういえば信長もそんなような理由もあって切支丹保護してましたもんね。

『命がけの宴』、しびれましたね~~~~~!!圧巻でした!!(…宴会が圧巻って!!(笑))
秀吉の「すまなかった!おぬしとともに播磨で大暴れしたかった!!」っていうの泣けた(ToT)
上様の「今度バカさわぎするときはワシも呼べ!!」っていうのも!!
そんなこと信長ともあろうものが言うわけないじゃん?と心のどこかで脚本に突っ込みつつも泣けてしまった(ToT)
はい、泣けてしまったワタシの負けですね。今回は素直に敗北をみとめます!!(^^;)

テーマ : 大河ドラマ 軍師官兵衛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

Oh~~~!!Myあみだ様~~~!!

前回の放送で、なんと浄土真宗のご本尊まちがっちゃってたそうです!!!
ほんとは阿弥陀様なのに、お釈迦様にしちゃったんだって!!!
うは~~~~~これは真宗のみなさんにとっては大問題ですね(^o^;)
電話殺到ですよね!!!

今、タイムリーに和田竜の『村上海賊の娘』を読んでいて、
門徒のみなさんがいっしょけんめい「南無阿弥陀仏!!」ってとなえておられるのを目の当たりにしてるので、
ワタシでも「お釈迦サマはないだろー」と思う(笑)

本の中で、主人公の海賊の娘が興味本位で「お前らの宗教、どうしたら救われんだ?」ってきくんですよ。
そのときに門徒の子供がいってたんですけど、
なんか、阿弥陀様を信じて、「南無阿弥陀仏」って本気でとなえたしゅんかん、もう極楽に行くことはきまってるんですってよ!!
なんの努力もいらなくて、信じさえすれば阿弥陀様は極楽につれてってくれるの!!
むしろ、努力するっていうのは、(ようするに密教的な修行とかするっていうのは、)阿弥陀様の力を信じてないことになって、不信心なんだって!!
自力に頼らず、阿弥陀様の力にのみおすがりする、これぞ他力本願!!(ステキ♪)

で、そこで思った。
それワタシたちの(※カトリックです。)と似ている。
神様も、悪人も善人も救ってくださるじゃない?
わたしたちが悔い改めたりするその前に、まず神さまが許してくださるじゃない?
あははは~~~~おんなじだね~~~~(^o^)
と思った次第。

というわけで(なにがw)次回以降ちゃんと阿弥陀様がまつられていることを確認しましょう。
そのまえに、先週の録画チェックしなきゃw
あ、今後イエズス会とかフランシスコ会とかのみなさんが登場するかもしれないので、NHKになにかつっこみをいれられるところがないか目を皿にしてさがしましょうねッ(^o^)/

以上!!

テーマ : 大河ドラマ 軍師官兵衛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『軍師?!官兵衛♪』第10話「毛利来襲」




なんか毛利がいっぱい上陸してきたよ(^o^)/
5000という聞き慣れない数字におしっこちびりそうな(しつこい!!)官兵衛に「考えるのだ!」とカツを入れ、
領内のジジィに旗振り回させて毛利を追い返しちゃう父上!
ステキすぎた!
悪いけと、どう見ても父上が毛利を撃退したようにしか思えない(笑)

太兵衛のドヤ顔も板についてきたし、「さすがワシの見込んだ男じゃ~~~~~♪」と官兵衛にチューしそうな勢いの小寺の殿もかわいかった(^^)
あと、なんか官兵衛がほめちぎられる時いまだに左京進がアップになることはなるんだけれど、
前ほど悔しさMAXって表情でもないんだよね。
ハラが読めなくなっていっそブキミ……(^^;)深読みしすぎ?っていうか期待しすぎ?(笑)
ここまで引っ張っておいて何の伏線でもなかったらワタシが許さないよ(笑)

兵の動きがいまいちよくわかんなくて、あんなことであっさり5000人引き返しちゃうの?(引き返しちゃうほどの切迫感が毛利&門徒側に感じられなかった。)と消化不良な部分があり…
まあそれを差し引いても、瀬戸際感あふれるなかなかの戦シーンだったと思います。
今回の大河、ほんと戦シーンがんばってると思った。もう一息なんだよな。(容赦ない。)

そこへ来て、あの秀吉家の痴話げんかは必要だったのかなぁ・・・・????
タイトル「秀吉」でも「信長」でもないんだからさ、あれはいくら歴史的に有名な場面でもカットしていいんじゃないの?
その分もうすこし戦を丁寧に…毛利の動きとか門徒の心理とか…描いておけばいいのに。とか思わないでもなかった。
門徒の女子らがあれだけの傷を負うほどの激戦には見えなかったしな。
そこちゃんとしてたら、もうちょっと善助の淡い恋心も厚みを増しただろうよ。ざんねんなりね。

それと、井上さん、ワタシもあの門徒のおなごはまだ信用してません(笑)気が合う(笑)

テーマ : 大河ドラマ 軍師官兵衛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

『軍師?!官兵衛♪』第9話「官兵衛試される」




官兵衛、無料お試し期間中♪(^o^)/
半兵衛だけにとどまらず、上様にまでお試しされちゃう?しかも左京進まで試したそうなかんじよ(笑)
なんだかいけすかないかんじの三成(歴史的に正しいと思われます)と「したり顔がきにいらん!!」半兵衛(こちらも歴史的にかなり正しいと思われます)、二人にはさまれてますますちっちゃさ際立つ官兵衛(^^;)
いやぁぁぁぁぁ、谷間になっとるわぁぁぁぁ!!! /(^o^)
官兵衛のちっちゃさ、敢えて際立たせたいとしか思えない配役ですよねッッ。
なにかの嫌がらせのように官兵衛だけがちっちゃい。(笑)
半兵衛に接近すればするほど顔が上を向くんだよ!見てるこっちが首痛くなっちゃうよ!
「つまらぬ。」と言い放つ半兵衛が「青びょうたん」持ってるのも、官兵衛のことなんかバカにしてっぽくて笑いました(^^;)こまかいなあ。

「ワシにも意地がある!!」と、めずらしく語気を荒げて「お、いいかんじ♪」と思いきや、あれだけ盛り上げといた赤松調略は語りですませちゃうんだね…
いやー、そこ見せ場だったでしょー?全国的に相当ながっかり度だったと思うけどなぁ……
なんだろ、脚本の人どうやって調略したか考えるのめんどくさくなっちゃったのかなぁ?
もったいないなぁ。
ともあれ、やきもち焼いたりだだこねたり緊張して声裏返っちゃったりと、小寺の殿のかわいらしさは今回も炸裂でしたね!
上洛して正装してても鼻の頭が赤くて、こちらは全国的にホッとなごんだのではないでしょうか(笑)

官兵衛も、半兵衛に救われてちょい不本意な顔してみたり、小寺の殿にふりまわされてオロオロしてみたり……
今回は実に表情豊かで、ちょっとやそっとじゃ褒めないひねくれモノのワタシでさえかわいい♪と思いました(^o^)
やっぱ主役はこうでなきゃ!!
あとは一刻も早く左京進と親密になってほしいオタク心(笑)

次回さっそく毛利が攻めてくるし、戦国時代はいろいろ忙しいですね。
顕如が「戦わねばならんのか…」って(ToT)ちょっとせつない(ToT)

テーマ : 大河ドラマ 軍師官兵衛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

| ホーム |


 BLOG TOP