プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『軍師?!官兵衛♪』第34話「九州出陣」




九州出陣といいますか、頑固ジジィ吉川元春おびき出すのにまるまる1話かかっちゃったよごめん! /(^o^)ってかんじですが!
病身の吉川様に命の使い道を説く官兵衛(何様ッッ!!)、
言葉の裏に「あんたどうせもうすぐ死ぬんだから」的な気持ちが顔出しまくりで失礼この上なかった(笑)
まーそれはともかく、ご着陣された吉川様はステキでしたね♪采配、ご最期、ともに立派でした(ToT)
そしてただ祈ってるだけの大友宗麟(笑)一体どういうキャラ設定なんだ(笑)視聴者に誤解されるじゃないか(笑)

小六も身罷って、戦国武将と呼ばれた人々がだんだん姿を消し(ToT)いよいよ暗雲立ち込めるかんじの大坂城!
豊臣家の舵がヤバイ方向へきられてゆきそうな雰囲気にひとりほくそ笑む三成(笑)
うるさいジジィがひとりきえたよよかったな(^o^)/あとは官兵衛どのが邪魔だよねッ♪讒言讒言ッ♪
もはや魑魅魍魎の巣みたいな大坂城にあんな青二才(※長政です)密偵に残すって!!(※ムリムリムリムリ!)
官兵衛アホじゃないのか?!(笑)
「油断なく殿下におつかえせよ!」だなんて、こんな油断とスキだらけの息子に何をいうの(ToT)
秀吉の茶室で殿下と三成の深ィィ話を聴かされてしまい(あれ絶対わざとだ(笑))動揺しまくるさまがいかにも青二才で!!あぁ~~~この役者うまいなぁと初めて思った!!(笑)
まぁ、あれですかね…。ここはいっぱつ青二才を泳がせといて…とかいう、三成の裏の裏をかく作戦なのか…。そこまで考えてたらある意味すごいな…。


スポンサーサイト

『軍師?!官兵衛♪』第33話「傷だらけの魂」




キリシタン祭りありがとうございます(^o^)/今週は永久保存です(笑)
二人っきりのお御堂、まさか実現させていただけるとは思ってもみませんでした(ToT)←うれし泣き
ありがとうありがとうN!!!!!もうこれで最終回でもいいってかんじよ(^o^)

教会に足しげくかよう官兵衛の方も「さそってオーラ」出しまくりでしたが(笑)
右近どののアピールタイムがすごかった!!本気を感じた!!(笑)

「あなたはあの方の魂を救おうとなさったのです」
「あなたはどうですか?官兵衛どの」
「なにゆえここへまいられるのか…」
「あなたの心は何をもとめているのですか」
……で、きわめつけが
「門はいつでも開いております(にこり♪)」

いやぁ………あの顔で誘われたらたまらんわ!!(^o^)/
官兵衛の「門は開いておりましょうか?」を聞いたときの無言の頷きのかわいらしいことといったら!!
洗礼式では官兵衛の代父として肩に手を添えてくれちゃって(ToT)まったくNの細やかな演出に頭が下がります(ToT)
家族に確認をとる暇も惜しんでの速攻入信、ちょいと驚きましたが(悩めよ……)ここで入信しとかないと右近どのに逃げられるとでも思ったとしか考えられない自分でごめん。燃え上がったのは信仰の炎だけではないぜったいに。
あまりにもあっさり入信したのであっさり棄教しそうな気がしないでもないですが(笑)ま、いいんじゃないのかなッ!でも主役だからそんなみっともないマネはしないだろうねッ!

村重にもいちおう触れておきますと(もーあとはどうでもいいよって気分なんだけれど大人だから書いておく(笑))茶々さまとのバケモノ対決はなかなか興味深かったです。
茶々さま、リアルにバケモノっぽいんだよな(笑)あそこまで毒をふりまく茶々さま久しぶりじゃないですかね?なかなかいいんですけど、ちょっと悪気がありすぎかな。天地人のときの、「天然悪女」なかんじがワタシのイメージです。
あと、せっかく再会した息子さんには申し訳ないんですが、あの似顔絵誰だよ(笑)
あと、ヒマさえあれば官兵衛の悪口を殿下にふきこんでるふうな三成が姑息でじつにウケる!!(^o^)




『軍師?!官兵衛♪』第32話「さらば父よ」




前回に引き続き、今回も小牧・長久手がOPで終了しました。
四国攻めも5秒で終了。
今後はこういうスタイルでいくんのかな(笑)
あ、そうか。タイトル「さらば父よ」だから父上との別れをみっちり描くのかな(^o^)
それはそれで、これまでの扱いからいって有りだよね♪
…と思いきや、父上もあっさりご位牌に(^^;)
う~~~~~~~ん(^^;)泣けん。天地人でもこんな場面見たような見ないような。フツウだフツウすぎる。
まあ、あんな時代にフツウに死ねて父上シアワセだよね!
あ、やばい!黒田家、大黒柱なくなっちゃった!
父上なくして、いまや立派な「黒田家の悩みのタネ」となった長政を今後誰が育てていくのかなッッ?!

今回、なにげに時間割いて丁寧に描かれてたのが「三成の増長っぷり」です(笑)
いや~~~~、あのいけすかないかんじ、じつに三成っぽくていいです!!(^o^)
まじめにやってんだけどさ、ボクなにやっても嫌われちゃうんだよねーゴメン!/(^o^)
だって、あの白ずくめがすでにいけすかないですもんね!!(笑)
そのうえ口ひげがいけすかないでしょう?
しかもいちいち話の腰を折る(笑)
官兵衛のイラつきっぷり、わかりますわかりますとも!!
若さと背丈で負けまくってる官兵衛ですが、、口ではまだまだ負けないぞ!
うまいこと秀吉を言いくるめて四国攻めに持ってたときの三成の屈辱の表情を見るに、官兵衛「許さないリスト」に名前書かれちゃったよ・・・・・。
あ~~~~失敗失敗。三成はしつこいよ~~~~!官兵衛、くれぐれも夜道に気をつけて♪(^o^)/

さて、なんと次回キリシタンになるのだそうです!!右近どの、出番です!!あの予告だけでごはん3杯おかわりできそうな自分、次回冷静に見れるんだろうか……
おちつけおちつけ~~~~(^^;)


夏コミ準備中(o^∀^o)


夏コミ準備中(o^∀^o)
15日 西ホール お-19b
ぜひともお立ち寄りください(^∀^)ノ

右近どの(o^∀^o)


うさぎの右近どの!(o^∀^o)かわいくできた♪あぁ、オタクでよかった(笑)
夏コミに会いに来てくださーい(^∀^)ノ

『軍師?!官兵衛♪』第31話「天下人への道」




反省点をあげればきりがないんですが!!

●清洲会議がオープニングで終了した件(笑)
●2畳の茶室で村重と向き合いたくない件
●賤ヶ岳が無血開城と見紛う速さで解決した件

前回までのかんじだと、清洲会議で1回・賤ヶ岳で1回かとおもってたのに!!
いったい何が起きたのか?!これで「おわったな、官兵衛……」とか言われても
何もはじまってないのに何がおわったの?何の感慨も湧かないけど?
秀吉に天下を盗らせるまでが官兵衛の人生の上り坂なんだからさ、最後の仕上げはもうすこし丁寧にするべきだったんじゃないのかな?
長政人質生活中にせっかく虎之助とか市松とか登場させたのに、あれは何の伏線だったの?(朝鮮出兵のだったらガッカリすぎる)
誰がどう動いて北之庄が落城したのか???どれだけ大きな人数が動いた戦だったのか???何も見えない。
あれじゃーまるで「官兵衛の囲碁教室による3人組の働きで家中の内輪もめが解決しました♪」程度にしか見えないよねー(^o^)
こうなったら最後まで前田利家は出さないでください。それくらいの覚悟があっての手抜きなんだろうね?!

一方、利休の茶室ですよ。
賤ヶ岳あんなに手ぇ抜いといて、なんで2畳の茶室にこんなに魂込めるかなぁ、N!!(--;)
茶室のくだり、うんざりするほどしつこかったですね。村重と語るのにわざわざ日をあらためる必要があったの?
ワタシだったら2回のエピソードを1回にまとめるけどな。
しかもせっかく2畳の茶室に重要人物3人も押し込めるんなら、あんな天井から引いたアングルつかわずに、敢えて密接感出したほうが緊迫感も出ようものを。
まあ「茶坊主2名+ブラック軍師」がスシ詰めすぎてもむさくるしすぎて視聴者耐えられないかもなっ。

…と、まあ、全般的にガッカリ感満載だった今回ですが、
そんな中での村重のまさかすぎる発言!!
「右近はワシのせわをせっせとやいておる♪」
なななななななんですとーーーーーーっっ!!!!!
あの一言のおかげで「せっせとごはんをはこぶ右近どの」「お風呂わきましたよーとか言ってる右近どの」「よかったらお背中でも(※以下自粛)」ありとあらゆる妄想が次から次へと押し寄せてきてここ数日仕事になりません!!
そうかぁ……「せっせと」世話をやいてるのかぁ……(^o^)
ありがとうありがとうN!!(ToT)←※嬉し泣き
官兵衛と目が合ったときの右近どのの、ちょっと困ったような気まずそうな表情がますます妄想搔き立てるんだよなッッ(^o^)

『軍師?!官兵衛♪』第30話「中国大返し」




でんせつの!!中国大返しです。
げきどうの!!7日間なんだそうです。

なのにこの盛り上がらなさは一体どうしたことか・・・・・・(--;)

何がいけなかったのかなぁ?
前回官兵衛のブラック頭脳披露しすぎちゃって、今回は戻ってくるだけだったからかなあ?
前回すごくよくできてただけに、そして期待が高まってただけに、肩透かしをくらった気分なんだけれど…期待しすぎたか?

なにしろ山崎が消化不良です。合戦……あった?(ーー;)銃声と討ち死に報告と明智の貧乏ゆすりしか記憶にございませんのですが(笑)
中国大返し、そして天下を決める瞬間だったのなら、一方の主役は明智だったはずなんだけれど…このドラマにおける彼の役目はいったいなんだったんですかねぇ?

姫路のファミリー部門がまたしても余計だったよね。今回こそ必要なかっただろうと思うんだけれど。
又兵衛との再会は手放しで喜ぶのに実の息子はぜんぜんほめてくれないの~ちょっとジェラシー~とかありきたりすぎて言葉もない!!蜂須賀殿のおじょうさまとの運命の出会い(笑)はどうしても「中国大返し」に挿入しなきゃいけなかったの?次でいいだろぉー次でッ!!長政でてくるとどうしてこうも茶番になっちゃうんだろうね?(笑)むしろ気の毒になってきた…(^^;)
なんかもうね、こういう大事な回にさ、箸休めは必要ないってきがするんだよね。
オタクはあんたの家族とかどうでもよくてさ(笑)、それより諸将の心のうごきとか動向とかもっと大事なことがあるんだよ!!
ここまでわりと丁寧に描いてきた明智の存在がすべてムダとなった残念すぎる回でした。
まあ、右近どのが美しかったからとりあえず「45分返せ!」とまでは言わない(笑)
池田恒興の陣羽織と秀吉の背後のサル屏風もちょっとすてきだったかな…。(無理矢理感満載…)

『軍師?!官兵衛♪』第29話「天下の秘策」




密使が到着してからの怒涛の3日間!
今回は手放しでほめてやりたい!
ほんとにおもしろかった!(^o^)/

いきなり最大のヒミツを毛利の頭脳・えけい殿に打ち明けちゃう官兵衛!
えーマジ!それ言っちゃうの!
「えけい殿であればおわかりいただけるはず!一世一代の賭けにございます!」
「おもしろい!その賭けワシも乗った!我ら二人で天下を動かす、これ以上おもしろいことはない!」
ブラック軍師同士のブラックな忍び笑いにゾクゾクしました(^o^)

小早川隆景とのやりとりもシビレましたね~~~~~。
秀吉に恩を売っとけ!っていうのは実に賭けだなとおもわなくもなかったけど(笑)小早川隆景の度量を見込んでの大博打だなぁと、なかなかの説得力です。(吉川元春にはつうじないわーw)
毛利は天下を望んではならぬという元就公の遺訓が出てきたのはうれしかったです♪
「堤の堰を切って、我らが追えぬよう行く手を阻んでおけ!(にやり。)」って、よかったな!ああ、ここにもブラック担当が1名」(笑)

今回はほんとに、官兵衛のブラック頭脳がさえわたり前編とおして緊迫感あふれる最高の出来!
若と又兵衛の再会がまた実に茶番で(笑)姫路パートいらねぇなとおもわなくもなかったですが(長政でてくるとどうしてこうレベルおちるのかしらッッ)、
姫路を守る父上のあいかわらずの大黒柱っぷりはステキです。父上、どうかいつまでもお元気で!!

さぁて、伝説の「中国大返し」がはじまるよ~~(^o^)/




| ホーム |


 BLOG TOP