プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『軍師?!官兵衛♪』第43話「如水誕生」




主人公が坊主になると、暮れも押し迫ってきたなあというかんじです(笑)
そういえば清盛のときは主要人物みんな坊主だったな~~(^^;)

三成にはめられたァァァァァ!!!
なんとしてでも生き延びる!
這いつくばってわびを入れてでも生き残る!

一瞬官兵衛の坊主頭に目をうばわれたこの場面、じつは三成の表情の変化がものすごかったです!
(録画してる人はじっくりみてみよう!!)
這いつくばってわびをいれた瞬間「ざまァァァァァ!!!」(歓喜)
秀吉が「おぬしを許す」と言った瞬間「えええーマジ意味わかんないぃぃぃぃぃ」(落胆)
官兵衛が隠居を願い出ると「喜びで笑いがとまりませーん!!殺せなかったけどまぁいいや♪」(^o^)/

こいつ…ホントはバカなんじゃないのか???…と一瞬思わせるようなわかりやすい演技が計算上のことだとしたら、
この役者ほんとにすごいな…(^o^;)
さいきん三成がアップでうつるのがたのしみになってきた(笑)

このタイミングで明日から地元では「三成祭り」開催だそうですよ(^o^)
盛り上がること間違いなしですねッ♪

官兵衛の隠居に気をよくした三成の、次のターゲットは新関白・秀次。
あることないこと殿下に吹き込み、秀次への不信感をあおるあおる!
こいつホントに人を不愉快にする天才だな(笑)
おねさまの願いで秀次の相談役に就任した官兵衛、生き残りの術をなんとか伝授しようとするも、人としての方向性が違いすぎる。
いやあ、むずかしいよ。秀次にいきなりそんな大人な行動できないよ普通は。
官兵衛の世渡り術を理解するには、ある程度の人生経験と知識が必要だって。
にしてもこいつは想定以上にアホだぞ?!どうする官兵衛?!(笑)




スポンサーサイト

『軍師?!官兵衛♪』第42話「太閤の野望」




タイトル、「太閤の野望」じゃないでしょ!!!「三成の陰謀」でしょ!!!
冒頭から黒田の本性暴いたるで~~~~~~ってヤル気まんまん(笑)
今回の三成は本気がみなぎっていた!!本気出すとこまちがってるきがしないでもない!!
「それがし、みなさまの働きを見極めるためにまいりました……」
で、ありの~~~ままを~~~殿下にご報告~~~♪(^o^;)
「讒言するのがお役目か!」って、長政にしては気の利いたイヤミだった(笑)いいぞ長政。
ええもう、ワタシ官兵衛どのをおとしいれるためならなんだってしますよ!!なりふりかまってらんないですよ!!

それにしてもなんてバラバラな日本軍。
この戦には大儀がない。ヘタすると日本が滅びる。
そんなにでかい視野を官兵衛が持ってたかどうかはナゾですが、殿下をあざむく決意はいい。それしかないと思う。
ただ、共謀の相手が小西って……(^o^;)小西とふたりっきりの約束とか不安すぎる(笑)
このドラマの小西のキャラ、じつにざんねん(笑)おもしろいけど。
そういえば「天地人」のときは殿と兼継ふたりっきりの朝鮮出兵だったけど(^^;)今回はわりと大勢で行ってるふう(笑)
戦のシーンはたいへんだよね。わかるよ。

ラストで官兵衛をおとしいれるのに大成功しちゃった三成の、「え、ワタシですか?」って小首をかしげるしぐさがたまらなかった!!(うっかり「かわいい♪」とつぶやいてしまいました(笑))
次はどんな手を繰り出してくるのやら…
残り2ヶ月は三成との戦いなのかな…
うわ~~~つまんねぇ…

『軍師?!官兵衛♪』第41話「男たちの覚悟」




「北条家許すのやめました~♪」にはじまり「秀長死去」「利休切腹」「朝鮮出兵宣言」と、なんだかうんざりな45分(ToT)

冒頭の家康との場面、
「此度の国替え、天下のためになるかどうかは徳川様次第!」
という官兵衛の言葉の裏には
「秀吉がダメダメだったら天下かすめとっちゃってよ!」という微妙なニュアンスが含まれていたように聞こえましたが!
それを受けての、
「天下のために関東で力を養っておこう」だと思ったんですけどどうかな?
もぅいますぐ付き合っちゃえよ!!(^o^)/

小西行長の「ぶっちゃけ、自分の首がしんぱいです!!」宣言には心から笑いました!!あいつダメだわ!!(笑)
おいおいおいおい、あんたの尻拭いとかしてる場合じゃないんだよ…という官兵衛の心の叫びを全力で受けてしまったかのような、利休どのの「先回り身代わり説教」。
自分ができることはもうこれが限界。あとは官兵衛に託したい。そのための捨て身と受け取りました。
なんたる懐の深さか(ToT)

家康と利休、お二人の器のおおきさを見せ付けられたところで、三成の小ささを物語るたたみかけるような軽口がじつに好演出!先生に告げ口する小学4年生並み(※当社比)の讒言にうんざりしつつも、こいつのきらわれっぷりは神レベルだな~~~と感嘆。
もういいかげん豊臣と別れなよ…と末期感つのる視聴者の心とは裏腹に「黒田が支えねばこの国は滅びる!」って、どこから来るの!!その過剰な自信!!(笑)まだ支えるのね?!そうなのね?!(ToT)

ここまで引っ張るってことはクライマックス関ヶ原なのかなって気がするんですけど、そういなるといつにも増してヒートアップしそうな年末ですね!!
みなさんおちついて!深呼吸深呼吸!(自分か!)

『軍師?!官兵衛♪』第40話「小田原の落日」




いやあああああああ!!
いい!!!三成いい!!(^o^)/
今回も存在感ハンパなかったです!!(笑)

城の廊下で談笑する官兵衛と家康の背後から発せられる三成の殺気、ただごとではなかった!!
茶室で官兵衛から差し出される茶碗を奪いとって武功を誓うも、語りのみで城攻め失敗(笑)
そしてモウロクしてゆく秀吉を見つめる目がなんとなくウキウキ感ただよってるかんじなの!
三成の描いたシナリオどおりに来てるかんじなんだろうねぇ。うんうん、わかるよ。

水攻め大失敗は大々的にやっていただきたかった!!
映画の二番煎じになるからやらなかったのかな、って気がしないでもないですが、むしろ今回のこの人が演じる三成に失敗してほしかった。で、官兵衛と自分のレベルの差を痛感してめっちゃ屈辱感じてほしかった~~~
官兵衛主役なんだから、ぜんぜんムダなエピソードではないと思うんだけれどね?
やー、ここは全国的に期待を裏切ったよNHK。じつにざんねん。

ごめんなさい、なんだかもう三成しか目にはいりません。大河ドラマ石田三成。
そういえば、今回いよいよそろい踏みした三成の取り巻き4名がそろいもそろって胡散臭いのもとてもいいと思います。
あと、ぜんぜん関係ないですが、家康の衣装がお抹茶と小豆色で、なんかめっちゃ駿河っぽいなーとか思った。
抹茶クリーム餡蜜・・・・・(^o^)

『軍師?!官兵衛♪』第39話「跡を継ぐ者」




なんかごめんなさい、リアルタイムで視聴したにもかかわらず、見所をさがして迷走してるうちに一週間たってしまいました(笑)
見所、ど~~~~こ~~~~?(笑)

録画と再放送で計3回みたんですが、なんにもひっかからず通過してしまって残念きわまりないかんじです。
こんなに「1回休み」みたいなのが続いて視聴者さん離れないんかな?しんぱーい。

家康とつきあっちゃうの?!どうなの?!
秀吉と別れるの?!どうなの?!
別れる覚悟で臨んだ秀吉との本気バトル、命をかけて殿下をお諫めする心意気がまだ通じた(ToT)
殿下にまだほんのすこし正気が残っていたことに涙(ToT)
そしてお約束どおり話の腰を折ろうとする三成を、まるでコバエでも追い払うかのように(笑)片手で制する官兵衛!!
かっこよすぎた!!
(先にあやまっておく。三成ファンのみなさんごめんなさい。でも三成コバエって(笑)今、自分でも冴えてるとおもった(笑))

黒田の当主としてでなく、ひとりの男・黒田官兵衛としてワシに仕えよ!
天下人にそこまで言わす官兵衛に、三成のヤキモチ焼きっぷりがもうただごとではありません(笑)
なんかね、至って冷静だったんだけどね前回までは。
いや、冷静を装っていたんだけれど。
今回、官兵衛の引退宣言を認めなかったあと、三成が「引退したいというんだからさせればいいじゃないか」といつになく声をあらげて反抗したじゃないですか!!
ああ、この子ほんとに官兵衛がトラウマなんだなぁ~~~と。
中国の水攻めのとき、尊敬のまなざしで官兵衛をみつめていたのがすごく印象に残っていて、もしかしたら今回の三成は「官兵衛にあこがれる」ってスタンスでいくのかなとちょっと思ってたんですが。
みごとに違う方向に突き進んでしまった(ToT)
もう、心から官兵衛がジャマでしょうがない。
「これ以上ワシと官兵衛のことに口をだすな!」と叱責されたときの、屈辱の表情!リアルに青筋たってた(笑)ほんとこの役者すごい(笑)

三成という人物はいままでスキでもキライでもなかったんですが、今回の三成の演出というか味付けがすごくリアリティがあって、なんだか客観的に見れなくなっている自分がいます(^^;)




せんでーん(o^∀^o)


音楽雑誌で連載させていただいてた漫画が単行本になりました(o^∀^o)
アマゾンで「吉野はるか」で検索すると出てきます!
オンデマンドなんで印刷がいまいちアレで残念極まりないですが(ノ△T)
とりあえず形にしていただけたというだけでも有難いです!
毎号少ないページ数で頭ひねってなんとかつめこんできた物語なので、多少すっとばしてる感はありますが(笑)青春時代に音楽やってきた方なら「あるある」なんじゃないかなあとおもいますので、読んでいただけたらうれしいです(^∀^)ノ

| ホーム |


 BLOG TOP