プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

no title




なんだか文が文を持ってうろうろしていた絵しかおもいだせませんが何かありましたか?(笑)

久坂くんにシツレイな手紙を送り続ける寅次郎。
わざと怒らすようなこと書いて気をひくとかありきたりだなと思わなくもなかったですが、
人の精神を逆撫でするあの文章力はまったくスバラシイ(笑)
あれはむかつくわー(^o^;)

…にしても、簡単にキレる久坂くんの子供すぎる設定が見ていてつらかったよ(^^;)
全国の久坂ファンのみなさん、こんな久坂でいいの?これ通常設定なの?
久坂に興味がないから判断できない…
苦学生なのね。それはわかった。
てかなんなの。手紙であそこまで落としといて目の前で持ち上げられたらあっさり入塾しちゃうの。
先生にはなれませんがともに学びませんか友人として!
あれだけ熱いやりとりしてあっさり友人になれるのかスゴイなっ!
いいのかドラマだから!

で、イヤミなくらいお金も身分もあってもぅ人生つまんなすぎて死んじゃいそうな高杉。
次回、たっぷり1話かけて参上するようですがワタシつまんなすぎて寝ちゃいそうですゴメン/(^o^)
あぁ、このドラマそういうとこでムダに時間つぶすんだぁ…
これやっぱ、少なくとも大河ドラマではないなぁ(笑)
長州藩の派閥争いに巻き込まれていく小田村家だけが一瞬大河っぽいような気がしなくもなかったけど、まぁたぶん気のせいだなっ。(笑)

スポンサーサイト

大河ドラマ『花燃ゆ』第7話・・・・「放たれる寅」




う~~~~~~む……
書くことが思いつかない /(^o^;)
今回はひたすら眠かった……
文が寅次郎の獄中作持ってうろうろしてたあたり、一瞬意識をうしなった……

もはや前回のような苛立ちすら感じませんでしたが!それってどうなの?!
7話目で視聴者をあきらめの境地に立たすって早すぎじゃない?!(笑)
なんかムダなシーンが多くて、果たして寅次郎を牢から出すのに1話必要だったんだろうか???
伊之助が寅次郎のためにお偉いさんに頭さげるシーン、もう見飽きたよね?(笑)

そんな中、寅次郎を送る句会はステキな演出でしたね(^o^)
オッサンたちの友情に熱くなりました。
ここまでしてやらないと自分から動けないなんて!つくづく世話のやける子!(笑)
殿様の秘密のお部屋にまねかれて驚きのあまりくずれおちる兄上もちょっとウケました。

あと、寿姉が寅次郎の作品に目を通したあと伊之助に「わたしもおります」って言ったところ。
あの場面。
家族にとって迷惑極まりない寅次郎を許せない気持ちはもちろん常に心のど真ん中にあるんだけれど、
やっぱり兄の思想には一目おくところもある。
そんな兄にメロメロな夫、「やれやれ」と思いながらも最近ようやくほほえましく感じるようになりました♪
……っていうとこですか?
寿姉は心の揺れとかうつりかわりが丁寧に演じわけられてて、うまく表情に出てるなあといつも思います。
こういうのをオタクの世界では「キャラ立ってる!(^o^)/」というのです(笑)

主人公は…いったい何をやってたんだ???
もう無理して主人公扱いすんのやめたらどうかなっっ!!(^o^)/

大河ドラマ『花燃ゆ』第6話・・・・「女囚の秘密」




さて、前回のふみの渾身の突っ込みがそうとうこたえた様子な寅次郎、
「金子の分まで生きねばならん」と反省モード。
というより、使いもんにならんくらい落ち込んでる。
頭がよすぎてちやほやされ続けてきたから打たれ弱いのね(笑)どんだけ王子なのって話(笑)

…で、先週あれだけ盛り上げといて今週のアレなんなの一体~~~(ToT)
想定どおりの「木曜時代劇」!!
こんなのに1話使ってんじゃないよッッ!!木曜日にやれ木曜日にッッ!!
だってべつにこの人どうでもいいじゃん?
この人と娘さんのなんやかんやって杉家とか吉田家とか長州藩とか幕末史になんか関係あんの?
今後の文の人生に金子の母ほど影響を与えてるともおもえないけどね?
これで海荷ちゃんじゃなかったら許さなかったヨ!
(そこで許してんのかお前ッッ!! /(^o^))

これね、ワタシは金子に興味があったからそうでもないけど、
見る人によっては「2話連続木曜時代劇」だからね?!
大きなペナルティだったなぁ…としか言いようがないですね。大失敗。

しかもこの人と娘さんのなんやかやが寅次郎の心をどう動かしたのかっていうのがいまいちピンとこない。
…ああ、いまいちじゃないや。まったくピンとこない。
この事件は「人は変わるんです」「おのれの心から目をそむけてはいけん」という言葉につながらない。
なんの伏線にもなってません残念。

まぁでも、寅次郎が獄中塾を開講したのが「おまえの筆のせいじゃ♪」っていうオチだけはよかったかな(笑)
ごめん、ホントに今回そこだけ。(笑)

大河ドラマ『花燃ゆ』第5話・・・・「志の果て」




なんちゅぅ重たいタイトルか!!(ToT)

子供のころから下田でふたりの銅像を見るたびに(※神奈川県民なので夏休みは伊豆か箱根がお約束(笑))「あぁー金子くん松陰と知り合って気の毒だったなぁ…」としみじみ思ってた自分的に、今回の話は沁みました(ToT)
ネタが金子じゃなければ「ここで1話使うなよ…」とか言ってたに違いないですが、なんか金子に思いいれがあるんで今回は正座して真正面から視聴いたしましたヨ!
(らしくないぞ!!というブーイング甘んじてお受けします(笑))

寅次郎にひっかかったばかりに人生踏みはずした金子。
こんな目にあっても寅次郎を慕いつづける金子。
獄中病にうなされつつ次の船がくるのをまちわびる金子。
金子ぉぉぉぉぉぉ(ToT)(ToT)(ToT)

「吉田寅次郎の妹」としてできること。「吉田寅次郎の妹」にしかできないこと。
金子の思いを聴いてやること。
聴いてやるのかな、とおもったら。
結局、なにもできなかった(ToT)
ひどいよこの脚本!主人公けちょんけちょんじゃん!とその時点で一瞬思ったけれど、続くシーンで。

「金子さまは寅兄が殺したんです!
 おのれの欲におのれを慕うものをまきこんだ!」

よく言ったぁぁぁぁ!!えらいぞ文ッッッッ!!(ToT)


証しを見せろ!
私欲でなく、これがほんとに大義の果ての志だったのなら!
金子があのとき一瞬でも幸せだった証しを!

いままで何があっても無条件で慕ってくれていた妹にここまで言われたら、そら目も覚めるわ……。
ここまで全国規模で金子の思いを代弁してくれたのって初めてじゃないのか?と思うと、金子150年後にようやくむくわれたねぇ…(涙)とか、じつに感慨深い夜でした(笑)
ありがとうありがとう文!!

…いったい何のブログなのかわかんなくなってきたぞ(笑)

そして、文の正体を知って尚うらみごとのひとつもいわない金子の母。立派でした(ToT)
他人のあたしがこんなに「寅次郎のせいで」とか思ってんのにあんたなんなんだ。マリアさまかっ!!
ボタンを届けたあとの母上の微笑に泣かされたところで、次回なんだか木曜時代劇みたいなかんじなの?(^^;)
がっかり~~~~(笑)

| ホーム |


 BLOG TOP