プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

大河ドラマ 真田丸 第10話 「妙手」



みなさんおつかれさまです。
安定の四畳半ドラマ。
こうも四畳半が続くと絵的に見栄えがしなくて困りますね。。。。
描くとこ探すのに2回も見ちゃった( ´ ▽ ` )ノなんつー時間の無駄!!

最近ふと思い出すことがあるんですけれども。。。。。
「花燃ゆ」って言われてたほどひどかったか???(笑)
そういう自分も夏でブログ断念いたしましたけれども!(≧∇≦)
少なくとも10回までは今年ほどひどくなかったきがするの!
いやむしろ久坂以外は結構よかった!(ようするに敗因はあの大根役者。。。。)
去年のブログはそれなりに褒めるとこあった気がする!
今年は無理して褒めるのやめたんで気は楽なんですけどね。。。。

グチってばかりいてもアレなんで、ちょっと振り返ってみましょうか。

徳川と北条があっさり手を結ぶ。
牽制に乗り込んだお兄ちゃん。がんばった模様。(イラスト参照(笑))
ここで立て続けにナレーションによるネタバレが!!
「今はまだ知る由も無い。。。」とか
「それはまだ先のこと。。。」とか!!

あのさぁ( ̄Д ̄)ノ
「知る由も無い」「先のこと」なんだからさあ。
これ見てる人の半分以上は徳川が真田に2回もまけたとかせっかく知らないんだからさぁ。
だまっててやればいいじゃん?!( ;´Д`)
なんでわざわざつまんなくするかなぁ。。。。
せっかくの「数少ない」(戦国モノなのにナゼか数少ない!!(笑))戦シーンがつまんなくなるじゃないの。
あ、そういえばこういうヤツたまにいるよね。
知ってることひけらかしたくてね。
映画見てる時いいとこでねたばれとかしちゃうのね。
「でも結局勝つんだよねぇ〜♫」って得意げに話しかけてくるヤツ、あなたの周りにもいませんか?!
有働さんじゃないよ、三谷だから!そこくれぐれも間違わないように!( ´ ▽ ` )ノ

ドラマだからね、ドキュメンタリーじゃないんだから、ファンタジーにならない程度に創作はあっていい。
そうは思うけど、あの「ウソ作戦」はあまりにも薄っぺらで説得力がないのよね。
やるならもう少し仕込みが必要でしょ。
あんな小僧の思いつきで3つの大国をはぐらかすのは茶番すぎた。やるならやるで「小僧が咄嗟に思いついた」1人の手柄にするんではなく、春日の時くらいは伏線張っておくべきだ。
あんなバカバカしい作戦、諜報合戦華々しい戦国の世であっさり通用するはずねぇんだよ!( ̄Д ̄)ノ

。。。。て、誰もおもわないんかなぁ????
だれも違和感感じてないの????
みんな「幸村すごーい( ´ ▽ ` )ノ」って思ってるの?
へーへーすいませんねーそんな性格悪いのあたしだけですねー( ̄Д ̄)ノ

上杉の殿かっこいい♫越後加算♫(田舎が魚沼なんですいません(笑))
スポンサーサイト

真田丸 第9話 「駆引」



いやー。。。。見事なまでに四畳半ドラマですねー( ´ ▽ ` )ノ
最初から最後までほぼ安房守が密室で談合してるだけ!!
「誰にも頼らず、国衆だけで信濃上野を治める!!」
うわぁ。。。。カッコイイ。
。。。と思わせといて。
あんだけ大見得切っといて、室賀をその気にさせといて!!やっぱり裏切るんだよねー( ´ ▽ ` )ノ
安心しないでください、安房守ですよ!安定のクオリティ!100%で裏切ってくるからね!
この安房守に出浦がそこまで心酔する理由が見えないの( ;´Д`)
だってこいつ信用できないでしょう?実の息子すら信用してないんだよ?視聴者だれ1人信用してないよね!主人公筋なのにね!どうりで見てて気持ちが落ち着かないわけだよね!
こんなに移り気で性根が座ってなくてあっちフラフラこっちフラフラしてるおっさんに「お主じゃだめなのか」とか「信濃を治めるのはお主しかいない」とか、説得力なさすぎ。このオッサンの何を見て大名の器と感じたのか400字以内で述べてみよ出浦!場合によっては許さない( ̄Д ̄)ノ

戦が起きないに越したことはないという。畑は荒れるし食料は奪い合い。
梅ちゃん、それ三谷の代弁なんじゃないの?( ;´Д`)
うんうんわかるよ。戦のセットは予算もかさむし戦書くのは予備知識の入手も必要だもんねぇ。めんどくさいよねぇ。なるべく書きたくないのが見え見えなんだよなぁ。

で、長澤まさみが出ない選択はないのか。兄の嫁は笑いを取る必要があるのか。徳川をどこまで能無し集団にすれば気がすむのか。
徳川べつに好きでもなんでもないけど(むしろキライ(笑))、真田にとって最終的なライバルでしょう?
だったら最後は両雄が激突する形にしたほうが盛り上がると思うの。
今の時点でそんなに貶めてたら、大坂で徳川を窮地に追い込んだ真田もたいしたことなくなっちゃうしね。。。。
あーバカバカしい。だれか三谷に教えてやんなょ( ̄Д ̄)ノ

真田丸 第8話 「調略」



第7話の落胆を引きずったまま1週間過ごしてしまいました。
今回は前回ほどひどくはなかったんじゃないかなという気はします前回ほどはね。
内容がアレなんで淡々と鬱々としちゃうのは仕方ないところですが、
主役がアレなんでもうどうしようもないですよね。

父上に調略をまかされてウキウキと意気込む前半。
調略戦で持論をまくしたてる中盤。
大人の企てに愕然とする後半。

ぜ〜んぶおんなじ顔なんだよなぁ〜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

表情も口調もまるでいっしょ!
ねぇ気づいてる?テレビで見るとおんなじだよ♫だれか教えてあげなよー( ´ ▽ ` )ノ
毎回思ってることだから今更なんだけれど、こういう主人公の気持ちがあきらかに変化してるはずの物語で表情がここまで変わらないと気持ち悪いよー。

今回1番ひっかかっちゃったのは、上杉の殿の前で自分の意見を問われて答えるところ。
「父上同様、私も伯父安房守にはあきれました!」っていうの、なんかおかしくないですか?
偉いお方の前で自分の父親のことを語るのに「父上」って言うかねぇ?「我が父」ならわかるけど。自分の親に敬称つけるかねぇ?ちょっとバカっぽくないかね?
高校生が教師に「うちのお父さんが」って言ったらたしなめられるけどね。
ワタシがへんに思うだけで戦国時代はそう言ったのかしら?まーそうかもねーそういうことにしておこう。( ̄▽ ̄)
逆に幸村が叔父に遠慮があってつい「父上」って言っちゃったことで直江が「こいつ偽モンじゃね?」と気づいた!とかいうのなら芸が細かいけど。

今回の直江、声と目つきが陰鬱で存在感ありますね。
今後幸村が人質になったときにめっためったにイジメ倒してくれたらいいな。
そんであのお大根にちょっと表情つけてやろうぜ。
あーでも悔しい顔とかもできなそうだなー。
能面のような微笑でイジメられてたりしたら気持ち悪いからやっぱいいや。

| ホーム |


 BLOG TOP