プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

大河ドラマ 真田丸 第23話 「攻略」



グダグダと無駄な数話を乗り越えてようやく始まる北条攻め。
で。。。。。なに?!北条を説得だ?!((((;゚Д゚)))))))
えーっっ、官兵衛じゃなくて?!えーっっ。。。。。。((((;゚Д゚)))))))
それはちょいと捏造の度がすぎるんじゃないのか?!

御隠居様を説得できるのは源次郎しかいないとか?
北条の命運がかかっておるとか?
本気で言ってる?((((;゚Д゚)))))))
なんでそんなに買いかぶられてるの?先週なにかすごいこと言った?江雪斎にやりこめられて中納言様のお言葉に救われたんじゃなかったか?

いやあ。。。。。さすがにここは歴史的に官兵衛じゃないとマズイだろう。。。。
源次郎が北条を説得したらおもしろいなーと思ったの?
やり過ぎかなあという思いは一瞬でも頭をよぎらなかったの?
これは全会一致で決まったの?誰か脚本に物申さなかったの?
これで御隠居様に対面してまたベラベラとどうでもいいこと喋り倒すんでしょう?で、さすがは源次郎ってなる?それはなにか新しい発想なの?いままでと何も変わらない展開じゃんねぇ?
こんな見苦しいことになるのなら小田原攻めナレーションでスルーしたらよかったのに。
だって主人公が見てないことはかかないんでしょう?主人公が関わらなかったことにすればすむだけじゃん?
どうせ捏造するのならもうちょっと捻りなさいよ。
せっかく三成と仲良し設定なんだから一緒に忍城攻めに参加してケチョンケチョンにやられちゃうとか!(((o(*゚▽゚*)o)))
そう、挫折!あんたには挫折が必要!主人公ばっかり上げるから胸糞悪いドラマになってんだよ気付け!

こうしてバカみたいに簡単に小田原城の城主の館まで忍び込んだ主人公。
すっかり「世界ナゼそこに源次郎」になってしまっておりますが。
そういえば今回、視聴前にお友達から「タイムスリップしてきた自衛隊と一緒に戦うから驚くなよ〜♪( ´θ`)ノ」って言われました(笑)
違和感ないなぁ。。。。。自衛隊が出現しても。。。。。( ;´Д`)

さて、「せめて小田原攻めまでは見届ける」と決めていたワタクシの、次回がいよいよ最終回となりそうです。
あと1回。おつきあいいただけましたらシアワセです!( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト

大河ドラマ 真田丸 第22話「裁定」



うわー書くことない( ;´Д`)
だってべつになんにも起こってない( ;´Д`)

主人公と江雪斎、二人ともべつにフツーのことしか言ってないし。。。。。。
あんなどうでもいい口上述べさせるためだけに時間割いちゃってどうなのよ。。。。。
主人公の言ってることで、とくに「へぇ。」とか「ほぉ。」とか思うような部分あったかい?
あの中で「ふむ。」と思った瞬間があるとしたら関白殿下の「疲れた!」だけだよな。。。。
なんだか疲れたわー。。。。。( ;´Д`)

この回の45分のなかで、どうしてこの場面に重きを置かねばならなかったのかが解せない。
このレベルの低い言い争いをメインに持ってきたかった理由が。
だってこの中でとくに主人公たいしたこと言ってないし。(いつもたいしたこと言わないけど。)
北条をどうするか、北条がどう出るかって回なら北条の中を描けばいいじゃん。

この回で1番アクティブに飛び回ってた北条家側の江雪斎さん、彼の心の動きはよく出てた。
北条家の中で唯一外の世界と触れてるから、「もうダメ感」を肌でヒシヒシと感じている。
ご隠居サマ、どーしてわかってくれないのっ!!っていう焦りが伝わった。
せっかくこういうキャラがいるんだからね、そこを中心にしたらいいんだよ。そうしたらもっと「追い詰められ感」とか出るし、見てる方も心がざわつくじゃん。
どうしても主人公を活躍させようとするから展開が飛躍してムリムリになるし、歴史的にあり得ないかんじになって白ける。
そういえばなんか「主人公がかかわってないことは書きません」って言い切ってた人がいなかった???
だったらムリにかかわらせようとしないで、そこんとこ書かなきゃいいじゃんねぇ。
そういう勇気もなくて中途半端に書こうとすると北条攻めはたいへんなことになりそうだよ。

オリジナリティ溢れる北条攻めに期待しちゃう???(((o(*゚▽゚*)o)))

大河ドラマ 真田丸 第21話「戦端」



おっさんが膝突き合わせてグダグダしゃべってるだけな回。

上洛するかしないかで半分終わり、
話し合いに出るか出ないかで半分終わり、
のこりのちょろっとは主人公と本多平八郎がキモいだけだった( ;´Д`)

予告編ちらっと見たら次も丸々しゃべってるだけかいな((((;゚Д゚)))))))
次につなげる意味あんの???一話すっとばすか二話分まとめてもよかったんじゃないのか???
まあ大坂来てからそんなんばっかだけど、削ぎ落としてこそのプロなんじゃないの?
同人誌のラノベ作家が泣いとるわ。
あまりに内容がなくて突っ込みどころもないんだけど、
秀吉が利休にそそのかされて挙兵ってあまりにもバカっぽいし
どうでもいいのが3人集まった会議にのこのこ出て行って「太閤である」とかじつにバカ丸出し。
ほんとこの会議どうでもいい。次回丸々どうでもいい。
これ全然金かかってないんだけどなんてエコなドラマでしょう。
巨額の制作費はいったいどこへ????使わないなら国民に返して???

いいこと考えたよ!
おっさんがグダグダしゃべってるだけの大河ドラマ作りたいんならさー、
藤原道長とかやったらいいよ(((o(*゚▽゚*)o)))
1年間、白塗りなおっさんの密談と会議と陰謀と暗殺ばっか!!
こりゃー書きがいがあるべー( ̄▽ ̄)イヒヒヒヒ。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 真田丸 第20話 「前兆」



あかーん。。。。。。もう。。。。。。( ;´Д`)
45分無駄にした感がハンパない。
なんだ今回の小ネタ引き伸ばした時間つぶしエピソードは。
こんなのそれこそ得意のナレーションですませたらよかったんじゃないのか。
そうでなくても5分で済むだろう秀吉の壊れた感を印象付けたいのなら。
そうか主人公の「使える男感」「キレ者感」を出したかったのか。
かえってうっとうしさばかりが際立って逆効果だったけどな実に。

ウザいですねー主人公。。。。( ;´Д`)(ごめん今更。。。。今回ホントにうざかった。。。。)
なに石田様や大谷様にものすごい対等な立場から「わたくしの思いつき」ご披露しちゃってんの?
ベラベラと屁理屈まくしたてる主人公に上司も「お前すごいな。。。。」と呆れ。。。いや感心してましたけど、
いやーようしゃべること。スカパーのCM見てるみたい( ´ ▽ ` )ノ
万能すぎるのよ。万能すぎて引く。子供向けのアニメの、魔法少女みたい。魔法でなんでも解決しちゃうから「ないよーがないよー( ´ ▽ ` )ノ♫」どうせ主人公が解決するんだろう的なマンネリ感と安心感を大河の視聴者にあたえてどうするよ( ̄Д ̄)ノ

なんかもう。。。。ガッカリなの。。。。
真田幸村ってこんなイメージか????( ;´Д`)
口ばっか達者でネズミちゃんみたいにチョコチョコと小回りが利いて、なんだかちょっと役に立つけどたいしたことはしていない。
これじゃ天地人の兼続と一緒じゃん。。。。(T ^ T)
兼続はまあ、もともとお利口さんで頭でのし上がったイメージだったからアレだけど、
(そして妻夫木くんが若くてかわいかったから許した(笑))
。。。。。。だって真田幸村だよぉー????このガッカリ感たるや!!(T ^ T)
あと本多平八郎をコケにするのももうかんべんしてほしい。子孫の人はそろそろ本気で怒っていい( ̄Д ̄)ノちょっと度が過ぎてきた。

一箇所だけ、褒めたいと思います!!(なんと!(笑))
殿下と石田様の言い合いに「わたしもそう思います」と割って入ろうとし、全国の視聴者が「うわ主人公ウザッ!!」と一斉に突っ込もうとした瞬間、絶妙なタイミングで石田様が「お前はだまってろ」とたしなめました(笑)
20話の中でここだけは、ものすごい共感できました!(((o(*゚▽゚*)o)))
もうだまっててくれないかな。。。。。

大河ドラマ 真田丸 第19話「恋路」


だってアモーレですからー(((o(*゚▽゚*)o)))♫

「おんなじ日に死ぬの(ハート)」なんだこれ別冊マーガレットか?
タイトルからしてすでにドン引きだったけどやっぱりな。。。。。
予告編観て月9みたいなかんじだろうと予想してたから衝撃は緩和されたけど、まさか月9以下とはな。。。。
ばかばかしすぎて何だかもう*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*麻痺で戦闘不能だ。
ばかばかしいついでに有働さんに得意のネタバレナレーションいれてもらっちゃおう。
「実際は1日違いだけれどそれはまだ先の話( ´ ▽ ` )ノ」

ここまでバカやるならもう付き合っちゃえよ。
でなきゃわざわざ張った見え見えの伏線回収できんだろうが。
ていうかもうキヨマサに暗殺されちゃえばいいのに。
生かしといたら小田原開城もさすが源次郎でおわっちゃうよ。

お蔵で密会がバレちゃってマジ切れしてる秀吉がバカっぽすぎる。
秀吉ってそんなに小者かねぇ?どんだけ小者にすれば気がすむんだ?
もう19話なかったことにしていいかな。。。。。
べつにとりたてて支障もないよね。。。。。
それを言い出したら大坂編全カットでだいじょうぶだけど。。。。
ああ、柱に頭打ち付けた藤岡さんの渾身の演技が無駄になるか。。。。
あれデコにシリコンでも入れたのかなぁ。。。。
しんぱい。。。。

ダメだ、戦闘不能だ。。。。今回叩く気力もでない。。。。( ;´Д`)

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 真田丸 第18話 「上洛」



なんだかつまんなすぎて録画たまってきた(笑)

いよいよ?安房守が上洛するそうです。
ばあさんに諭されて上洛決意ってのもなんだかなぁ。
「秀吉なんてすぐつぶれる。」また真田だけ歴史の教科書よんじゃったみたいな脚本(((o(*゚▽゚*)o)))
当時の人がそういうこと本気で考えてたと思う?もっと必死だったんじゃないのかねぇ。
真田だけ歴史をしってるみたいに書いてるから、真田だけ緊迫感がないんだよなぁ。
ここは秀吉に振り回されとかないと。あとで大坂側についたとき重みもなにもありゃせんわ。。。。( ;´Д`)
徳川のほうがまだ秀吉に振り回されて苦悶してるかんじがでてるよね。せっかくだから徳川もうちょっとシリアスにしないと。ここで笑い取っても質が下がるだけよ。早く気付け。

大坂城を見上げた父上。お前ならどう攻める?
どうもなにも、大坂城の守り超手薄なんで( ´ ▽ ` )ノ
今回なんか主人公いきなり茶々さまのプライベートルームに上がりこんでるし!!ないわ!!
秀吉に「恫喝しております!」もないけど、それ以上に恫喝の内容が恐ろしくもなんともなくて呆れる!
まあ、秀吉自信も「しょうがねーおぼっちゃんだなー」的な顔してたからそこは狙ったのかな。(あ、めずらしく私やさしい(笑))そのあと太閤さまがわざわざ毛皮羽織って出てきたのはありがちで萎えたけどw

で、さすがに父上の上洛だけでは45分持ちませんでしたよね。しょうがなく入れたんですかね?姉上の話。
あれさぁ。。。。。この物語に必要???( ;´Д`)
あれだけ大げさに行方不明になっといて、こんな簡単に戻ってくるなら。。。安土城を脱出するとこから全削除でかまわなかった!!!
せめてなんらかの密命を帯びて戻ってこいや!!すっかり徳川の手先になっていたとか!!北条の密偵になっていて小田原で討ち死にするとか!!こいつの失踪も生還も、これじゃなんの意味もないじゃん( ;´Д`)ただウザいキャラが戻ってきただけ。。。。まあ、父上が一瞬「人質の手駒が増えた。。。」的な表情をしないいでもなかった(笑)(あ、めずらしく私やさしい(笑))

あともう一点よろしいでしょうか。。。。
利休の茶室。。。。なんか意味があったのかねぇ?( ;´Д`)
あんな小僧と二人っきりになるはずがないし、なる意味もないし、しかも主人公の質問に対する利休のこたえがまったく意味がなくて一体なんのための場面だったのかナゾでしかない。利休バカにしてんのかコラ( ̄Д ̄)ノ
ただただ利休の存在意義を失墜させただけの場面だった気がしてならないよ。。。。。
これでもうぼちぼち切腹じゃん?これキャスティングする必要あったの?またしても経費の無駄遣い?なんだかなぁ|( ̄3 ̄)|

| ホーム |


 BLOG TOP