FC2ブログ

プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

清盛どぅよ?!第11話「もののけの涙」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような)




「もののけの涙」って、清盛のことだったのね・・・・・

今回はちょっとしんみり。
前半これでもかというくらいシアワセ見せ付けといて、
最後で落とす落とす!!
きよもり急転直下、地獄へまっさかさま(ToT)
じぶんが呼んだぼうずを殴るわ蹴るわおおさわぎで
義清のことなんかとっくに忘却の彼方だねッ(^o^)

でも、あばれる清盛を見て父上が「もののけの血・・・」と感じたっていう設定だとすると
ちょっと詰めがあまいんじゃないのかなぁ?
それくらいの狼藉は法皇さまじゃなくてもするだろうがw
説得力まるでナシ!
そういうおいしいフレーズはもうちょっと大事に使ったほうがいいと思うよ♪
「うらむなら朝廷を恨みなされ!」っていうのも、盛国いくらなんでも飛躍しすぎ(笑)
どぅこじつけても死因と関係ないし!!実に詰めがあまい!!
次からがんばれ!!(何様w)

明子どのの父上は立派でした!!
「疫病を持ち込んで申し訳ない」って、泣けた!!
立派だよあんた!!(ToT)
そして、子守をしながら空をみつめる時子さまがとっても印象的でした。
(彼女の語り口、とってもステキです。)

たまこさまと鳥羽院はすれちがったままサヨナラ。
そして崇徳帝は生きながらにしてすでに怨霊(笑)
朝廷の人たち実においしいのに展開が速すぎてもったいないな。
(どうして皇太弟じゃだめなのかとか、みんなわかんないんじゃないの?)

だからさぁー前回義清に時間かけすぎだっつーの(^o^)

あ。。。。。そういえば。。。。。佐藤家の養育費は歌集の印税からなのかな。。。。。
(ふっきれてないぞ自分!!(笑))

スポンサーサイト



テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

<< 清盛どぅよ?!第12話「宿命の再開」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような) | ホーム | 清盛どぅよ?!第10話「義清、散る」(大河ドラマ『平清盛』感想のようなそうでないような) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP