プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

大河ドラマ『花燃ゆ』第7話・・・・「放たれる寅」




う~~~~~~む……
書くことが思いつかない /(^o^;)
今回はひたすら眠かった……
文が寅次郎の獄中作持ってうろうろしてたあたり、一瞬意識をうしなった……

もはや前回のような苛立ちすら感じませんでしたが!それってどうなの?!
7話目で視聴者をあきらめの境地に立たすって早すぎじゃない?!(笑)
なんかムダなシーンが多くて、果たして寅次郎を牢から出すのに1話必要だったんだろうか???
伊之助が寅次郎のためにお偉いさんに頭さげるシーン、もう見飽きたよね?(笑)

そんな中、寅次郎を送る句会はステキな演出でしたね(^o^)
オッサンたちの友情に熱くなりました。
ここまでしてやらないと自分から動けないなんて!つくづく世話のやける子!(笑)
殿様の秘密のお部屋にまねかれて驚きのあまりくずれおちる兄上もちょっとウケました。

あと、寿姉が寅次郎の作品に目を通したあと伊之助に「わたしもおります」って言ったところ。
あの場面。
家族にとって迷惑極まりない寅次郎を許せない気持ちはもちろん常に心のど真ん中にあるんだけれど、
やっぱり兄の思想には一目おくところもある。
そんな兄にメロメロな夫、「やれやれ」と思いながらも最近ようやくほほえましく感じるようになりました♪
……っていうとこですか?
寿姉は心の揺れとかうつりかわりが丁寧に演じわけられてて、うまく表情に出てるなあといつも思います。
こういうのをオタクの世界では「キャラ立ってる!(^o^)/」というのです(笑)

主人公は…いったい何をやってたんだ???
もう無理して主人公扱いすんのやめたらどうかなっっ!!(^o^)/
スポンサーサイト

<< no title | ホーム | 大河ドラマ『花燃ゆ』第6話・・・・「女囚の秘密」 >>


コメント

Re: 朝ドラと思えばしっくりきますね。

まったくです!
いっそ昼ドラと思えば何が起きても驚きませんねっ(笑)
文を若女将だと思えば何でもありですよねっ(^o^)/

朝ドラと思えばしっくりきますね。

私も大河だということを忘れてしまいそうです。

なにも主人公を文にしなくても・・・。
幕末最強キャラのひとり松陰で興味を持たせて、後半は伊之助で良かったんじゃないかと今でも思っています。

でも、伊之助がいることで、”江”みたいに、神君伊賀越えに江がついていくという暴挙はなくなったかと・・・(-。-;)

それがせめてもの救いになっていると思います。
ならばやっぱり朝ドラ・・・。
伊之助さまさま・・・今後も大活躍してほしい一人です。

Re: タイトルなし

むぅ!!
そのノリで文のレベルは上がらんのでしょうかっ!!!(笑)

私は、何だかRPG的な演出に、最早、《大河ドラマを観ている》感がなかった回でした。梅兄がダンジョン?を進むと…その先に王様がいて、剣を授ける。
「梅兄は、国王?から、野山獄の封印を解く、《許しの剣》を受け取ったっ!タンタカタ〜ン」的な(笑)
寅さんの不思議ナンバー合わせ21も、RPGのアルアルだし。
次回は、「寅次郎に塾の仲間がくわわったっ!タンタカタ〜ン」のノリでしょうか^ - ^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP