プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第7回 「検地がやってきた」

「おんな城主直虎」鶴と亀

「検地がやってきた♫」って(笑)なんだか楽しそうなサブタイトルでEテレみたいなノリですけれども(笑)
検地がやってくるそうです。そりゃぁいろいろとちょろまかしてることがありますからね、気持ちいいもんではないですよね検地。
にしても「隠し里」ってそれ、ぜんぜんダメなやつじゃん(笑)
いまさら今川に言うの言わないのって。。。。じゃぁ吹越さんの頃はどうしてたのよって話なんですけど。
まったくツメがあまいよ設定の!!
それを差し引いても今回けっこうおもしろかったな。

隠し里を隠し通す。この企て、果たして鶴は賛同してくれるのか?
「おれは鶴の決めたほうに従う!」って、幼なじみを挑発してみる。あるいは呪いをかけてみた。
鶴ときたらへんに頭がに良すぎるもんだから相手の裏の裏まで読んじゃって、もうどっちが裏だか判断しかねる・:*+.\(( °ω° ))/.:+
善人ヅラして正面から勝負仕掛けてくる亀にハラを立ててるというか、同時にそんなふうにしか見れない自分にもイラついてた感。(ここなかなかの演技力。)
そんな兄に「兄上を信じているのだと思う」とか言い切っちゃう、じつにスレてない弟!!
まったく小野家に生まれたのにどうしてこんなにもまっすぐに育つことができたのか、ナゾでしかない!!
この子は「小野家の良心」という位置づけなんだろうな。うん、かわいいな。おばちゃん気に入った(*´∇`*)(笑)

。。。。。で、隠し里の書付棄ててないしΣ(゚д゚lll)
お守りみたいに懐に入れて「おれの思ったとーりになりますよーに♫」とか願掛けてるし。
あああーモヤっとするなーもう!(笑)
いざとなったらこれ提出しちゃうもんね!小野家だけ保身計るもんね!って、あの世の吹越さんが大喜びしそう。。。
「但馬!!この里は井伊のものではないであろう?」と問い掛けられたときの、鶴の大映し。
驚き、動揺、迷い、それから心を決めてゆく過程の気持ちの移りゆくさまが表情からリアルに伝わって、ほんの2秒ほどなのにすごく長く感じた。いやすごい役者だね。
山里に響く次郎のお経、いい声だったなぁ。いい絵だった。
ここで終わりゃースッキリと後味よかったのに!!
最後の鶴亀のやりとり、じつにグダグダ!!!( ;´Д`)
このモヤモヤ感をかかえたまま、まだまだ行くんですかね。。。。。死が2人を分かつまで。。。。。( ;´Д`)
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

<< 『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第8回 「赤ちゃんはまだか」 | ホーム | 『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第6回 「初恋の別れ道」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP