プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『おんな城主直虎』2017年大河ドラマ 第13回「城主はつらいよ」

方久

なんだろう、、、、あのシリアスだった前回からの、今回のこのタイトルの軽さについてゆけない。。。。( ;´Д`)
さー気分切り替えて今週から次のステージだよー明るく行ってみよー♪( ´θ`)ノ的なアレなのだろうか。
重たかった前回、前々回をどっぷり引きずる視聴者置いてきぼりで、何事もなかったかのように治世に励む次郎(笑)
切り替え早すぎていっそ清々しい(笑)引きずってたこっちがアホみたいΣ(゚д゚lll)
家臣の数もめっきり減って、なんとも風通しのよくなった井伊家であるが、女城主に納得いかない側近(※たった2名(笑))ことあるごとに「お、な、ご!はこれじゃから。。。。。」(ため息。。。。。)
ありがちだけど、なんか中野の息子かわいいからまあいいや(笑)

で、今回のテーマは借りた金をどうするか。
何不自由ない寺暮らし、、、、しょせんお姫様だった次郎がいきなり突きつけられるキビシイ現実。
なんにもわかんないのに、小野の手は振り払うし。イラっとくるなぁ、中野の息子じゃなくても。
金貸しをこっち側に取り込むという、次郎の出した答えは悪くない。ただ、根回しが足りない。次郎、ちょっと残念。
そのちょっと足りないとこがリアリティだなと思った。良かった。うまくいきすぎたら不自然だしね。

方久ね!あのホームレスのおっちゃんね!いやぁ立派になりおって、人生うまくやったのね!
「わらしべシンデレラ絵巻」がおもしろすぎた。
それにしてもこの人、読めない。。。。腹の内を読ませない、ものすごい怪演( ;´Д`)
こいつ信用してだいじょうぶなの?家臣に列しちゃうの?次郎、若気の至りってことにならないの?→や、たぶんなるんだろうな(笑)
小野以上にモヤッとさせる存在だよ。。。。

今回も小野はなんとなく次郎に手を差し伸べる。
表情から本心が読めないから、次郎も視聴者も、「なに?!またなんか裏があるんじゃないの?」って疑ってかかってしまう。
小野自身も自分の中で決めかねてる部分がきっとあって、だから敢えて表情を消してる風。
相手の出方でどうにでも動けるように、無表情はきっと保身なんだな。
で、次郎はストレートだから、そんな中途半端じゃ信用してもらえない。手を振り払われて、そのときやっと、やっぱり手助けしたがってる自分の想いに気づく。揺れる。
あの、刀を振り回して何かを断ち切るような場面の裏に、そんな想いを汲み取りました。

ああ、オタクってどうしてこう余計な深読みをしてしまうのだろう。
因果な性質だよなぁ。ぶつぶつ。
だんだん「小野の気持ちを代弁する会」みたいになってきた。。。。( ;´Д`)
スポンサーサイト

<< 『おんな城主直虎』2017 大河ドラマ 第14話 「徳政令のゆくえ」 | ホーム | 『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第12話「おんな城主直虎」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP