プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『おんな城主直虎』2017 大河ドラマ 第14話 「徳政令のゆくえ」

おんな城主直虎  奥山

、、、、、で、終わってなかった徳政令ネタ(笑)
こんな小ネタちまちまと引っ張ってくるとはよっぽどネタがないんだな井伊家(;´д`)
、、、、、とかボヤいてたはずが、うっかり楽しんでる自分がいました(笑)

や、なんかおもしろかったよ?結構。

農民たちが今川に直接徳政令を願い出た!やたら知恵の回る農民じゃのう、ということで、小野の采配なのはバレバレ。
「民の訴えを隠れ蓑にした小野の乗っ取り」で全会一致(※たった2人だけど(笑))しているにもかかわらず、もー女じゃなけりゃー小野でもええわー的な勢いの家臣団(※たった2人だけど(笑))。
今回もぎゃあぎゃあとまくしたて「方久とできてる」とか失礼な暴言まで吐きまくる中野の息子に対して、ちょっと心が揺れ始めてる風な奥山の息子。もしかしたら次郎の心の支えになってくれそうなよかん(´∀`*)←いつのまにか次郎を応援している自分もいた(笑)
「新しいやり方が要るのじゃ!」「方久のような才覚が要るのじゃ!」
このへんが奥山の心のどこかに響いたのかな。とりあえず人数も要るしなぁ( ;´Д`)
熱くなる次郎と家臣らを静かに遣り過す方久の悠々とした態度がすごい。ホームレスだった頃の落ち着きの無さはどこ!!(笑)

「味方に刃を向けられるのは、まっこと恐ろしいものらしゅうございます(にやり)。」
あの手この手で次郎を追い詰める小野のイヤらしさ全開な微笑。
まだ「黒」になりきってない。どっちとも取れる。敢えて逃げ道を残してる。とわたしは思うのだけれど。考えすぎだろうか。
よりによって「亀」のお告げによって突破口を見出す次郎が農民たちと和解してゆく一部始終を目撃したときの表情は、なにか懐かしいものを見るような目だった気がするけれど。
昔からよく知っている、なにか。

それにしても、農民たちに対する次郎の訴えが。。。。。
「方久はなにを考えているかはかりしれない!」
「でも方久に村を任せればきっと潤う!」
「ゼニのためなら意地でもなんとかする!」
「百姓を無下に扱うはずがない!」
。。。。。って、一見ものすごい褒めてるようでいて、要約すると「方久はゼニの犬」( ;´Д`)
おもしろいよ次郎。。。。(笑)
今後の2人の関係がじつに楽しみ(´∀`*)

。。。。。。で、市原くんの役どころがいつまでたっても使いッパみたいなかんじなのは気のせい?
南渓和尚も昊天さんも次郎の相談役や心の支えになってっぽいのに、これってこのままいくと不発で終わる系?
いやー次もう15話だし、そろそろ傑山にもなんかないとねぇ???
小野とからむとかいいと思うよっ(´∀`*)←





スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

<< 『おんな城主直虎』2017年大河ドラマ 第15回 「おんな城主対おんな大名」 | ホーム | 『おんな城主直虎』2017年大河ドラマ 第13回「城主はつらいよ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP