プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第21回「ぬしの名は」



とんだ少女漫画回でした。。。。。
どうしよう書くことない( ;´Д`)

商人が治める商売の街へ。新しい商いのツテを求めてご領主自ら出向いちゃう?ゼニの犬と穏やかすぎる秋田犬をお供に?
武田と今川が一触即発で織田も怪しい動きを始めたんじゃなかったの?
ご領主サマが遊んでばっかでちっとも時代が動きませぬ。今回も一回休み。タイトル見ただけで気が萎えたけど、中だるみも甚だしい。

次郎の無事を知り、口元だけをわずかにほころばせる小野の演技が今回も秀逸でした。
そういえば和尚のとこが近頃小野の居場所になってる感。なんかいいな。ネコ撫でたりしないのかな←妄想。

今回はまぁ架空の人物であるあのイケメンをどう話の中枢に持っていくかってことで、試行錯誤の結果だろう。
せっかくイケメンをキャスティングしたわけであるのだし?うまく使わないと勿体無いからね。

武家なんてやつはドロボーもドロボー、何代も続いた大ドロボーじゃねえか。
百姓から巻き上げてるじゃねぇか。
イケメンからぶつけられた真理に真正面から向き合い(えらい!)、等しく卑しいもの同士として対等な取引を提案する次郎。
つまるところは己のためじゃ!とか大見得切りつつ、乙女心が見え隠れ(笑)次郎、やっぱ惚れちゃうのかなぁ(笑)
小野がますます浮かばれないし、ユキも黙ってないかんじ(笑)

さてこの取り引き、うまくいうようには思えないんだけどどうなんだろう( ;´Д`)待て次回!、、、、って、このネタ次回まで引っ張るほどのことなのか?!|( ̄3 ̄)|
ぼちぼち信長とか出してみようよ、、、、、( ;´Д`)
スポンサーサイト

<< 『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第22回「虎と龍」 | ホーム | 『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第20回「第三の女」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP