プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第22回「虎と龍」

おんな城主直虎「小野VSイケメン」

はいはいはいはい、言いたいことは山ほどあるでしょうがまず落ち着きましょう皆さん。←※自分
まったくイヤになるくらい昭和の少女漫画モード全開なんだけれど、、、、おもしろかったフツーに・:*+.\(( °ω° ))/.:+

「おや?切り出しを請け負った者たちの中にイケメンがおるのですが?」←ユキ鋭い。
「男ぶりが良いしのぅ。あの目がよいのぅ。」←和尚煽る煽る。
「煩悩めッッ!!滅したと思っておったがッッ!!」←此の期に及んでじつに客観的な次郎(笑)
「別れるほうがお互いの為かと思います」←奥山、ただの恋愛相談( ;´Д`)

小ネタをね、まあ言ってみれば並べただけの回なんだけどね、、、、、あまりにも盛りだくさんすぎて息つく間もなかった(笑)
ここまで出されたら捻くれ者のわたくしでも素直に笑うしかないですわ( ;´Д`)
だって火鉢に足かけちゃうとか小野としてあり得ない小野として!!(笑)
小ネタ同士がうまいこと繋がって絡まって深まって、行き着くところに「くだらぬぞ但馬」!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+
あれに身悶えした大きなお友達が大勢おられたことでしょうな、、、、、そういうとこぜったい外さない今年の脚本(笑)書いてるひと腐った女子なのかな、、、、∑(゚Д゚)
煩悩を自覚しつつも、「亀のように追われ亀のように戻れず?亀の代わりに井伊守るために遣わされたのか?」とか脳内めっちゃ少女漫画回路になっとるし!
まあ、恋する乙女というのは自分に都合のよいように解釈したがるものであるのだから?
そういや今回もばあやは「立派にトウが立っております」とか突っ込んでたな、、、、、乙女ではないのだな、、、、、次郎何歳設定なんだろう???

しかしだ。大河ドラマで3回連続世の中の動きと離れてしまうのはいかがかとわたくしはおもうのであります。
柳楽優弥はなかなか魅力的ではりますが、そろそろ本筋に戻さないと。


スポンサーサイト

<< 『おんな城主直虎』2017年大河ドラマ 第23回「盗賊は二度仏を盗む」 | ホーム | 『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第21回「ぬしの名は」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP