プロフィール

吉野はるか

Author:吉野はるか
大河ドラマ『おんな城主直虎』を冷静に鑑賞しつつ、突っ込みを入れる感想ブログです。去年は目を覆いたくなるような辛口突っ込みでしたが今年はどうだろう。1話を見たところでは去年と変わらんなぁ(笑)毎度ブラックでごめんなさい♫ああーこういう性格悪い視聴者もいるんだなぁと客観的に受け止められる方だけおつきあいいただけましたら幸い!
良かったところも全力で探してみるね( ´ ▽ ` )ノ

『軍師官兵衛』『八重の桜』『清盛』も消さずに残しておりますので、どうぞご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第26回「誰がために城はある」



次郎渾身の「あふれかえるほどの忠義を見せつける作戦」大成功。それもこれも王子のおかげ(´∀`*)
それなのにそれなのに、気賀に城が建つことになっちまったじゃねぇかよ!∑(゚Д゚)
なんだそれ話が違うじゃねーか!貴様恩を仇で返すつもりかこのやろう!って王子大荒れ。
でもうち関係ないし。文句あるなら今川に言えば?
小野のセリフはいつもいちいち正論すぎてまったく腹がたつよねわかる(笑)

いつも飄々と世間を斜め上から見てるふうな王子の沸騰スイッチは「城」であったか、、、、。
人を守るためにあるはずの城を守って人が死ぬ。本末転倒じゃねぇかって話。
城があれば戦になる。戦というのは城めがけて攻めてくるもの。城があること自体が災いだ。
うーん( ;´Д`)それもどうなんだろう。王子の「城哲学」、なかなかの新発想で次郎もびっくり(笑)
「なにが世を変えるだ。てめえらおのれを守ることばっかりじゃねぇかよ」
そうですその通りです。あなたのの仕事は井伊を守ることですよ。次郎わかってる?
「おまえは一体どこの当主なのだ?!」(笑)←小野さんほんとかわいそう。

でさ、、、、気賀に「松尾貴史」がいるんだよなぁ、、、、( ̄▽ ̄;)
ダメだあの人、キャラが濃すぎて「松尾貴史」にしか見えない( ;´Д`)
どうしてもツッコミを期待してしまう〜( ;´Д`)


スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

<< 『おんな城主直虎』2017大河ドラマ 第27回「気賀を我が手に」 | ホーム | 『おんな城主直虎」2017大河ドラマ 第25回「材木を抱いて飛べ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP